×

メンバー紹介

所長

山本 博章
(教育担当特任教授・長浜バイオ大学名誉教授)

【学位】
理学博士(東北大学)
東北大学大学院理学研究科博士課程後期課程修了
【専門分野】
色素細胞の発生と機能発現機構、環境ストレス緩和

プロフィール
東北大学教養部生物学科助手、同大学理学部生物学科助教授、同大学院生命科学研究科助教授・准教授、長浜バイオ大学バイオサイエンス学部教授。長浜バイオ大学では、バイオサイエンス学部学部長を務める。

研究員、研究テーマ

齊藤 修
(アニマルバイオサイエンス学科教授)

【学位】
理学博士(東京大学)
【専門分野】
神経細胞学:両生類など

研究テーマ
水中に棲む魚類が持つ温度を感じる仕組みはどのようなもので、その後環境が大きく異なる陸上動物に進化する過程でどんな変化を獲得していったのかを研究しています。まずメダカをモデルに、温度を感じるセンサーを見つけ出し、その機能を明らかにし、更にゲノム編集により、そのセンサーが無くなったら、あるいは機能変化を導入したら、メダカの温度の感じ方がどう変化するか研究を進めています。
中村 肇伸
(アニマルバイオサイエンス学科教授)

【学位】
博士(薬学)(大阪大学)
【専門分野】
生殖細胞学:哺乳類など

研究テーマ
ゲノム編集技術を用いて全能性を有する初期の着床前胚に特異的に発現する遺伝子を破壊したマウスの作製・解析を行っています。現在までに、胚性遺伝子の活性化に必須の遺伝子、母性RNAの分解に重要な遺伝子、最初の卵割に必要な遺伝子などを明らかにすることに成功しています。
竹花 佑介
(アニマルバイオサイエンス学科准教授)

【学位】
博士(理学)(新潟大学)
【専門分野】
発生生物学:魚類など

研究テーマ
メダカの近縁種を使って、個体のオス・メスが決まる仕組みを研究しています。例えば、ある「オス決定遺伝子」の有無で性別が決定されているとすれば、その遺伝子がゲノム編集技術によって取り除かれたら、メスに性転換することが予想されます。このような方法で、性決定遺伝子の機能を解明しようとしています。
蔡 晃植
(フロンティアバイオサイエンス学科教授)

【学位】
農学博士(東京大学)
【専門分野】
植物生理学:植物全般

研究テーマ
植物による病原菌認識と免疫反応誘導の分子機構を調べるため、これまでの生理生化学的研究で明らかになった免疫反応誘導に関与する可能性のある遺伝子を、ゲノム編集技術で機能欠損させます。そして、このゲノム編集植物における病原菌認識と免疫反応誘導を調べることで、病原菌認識と免疫反応誘導における各遺伝子の機能を明らかにします。
今村 綾
(フロンティアバイオサイエンス学科講師)

【学位】博士
(農学)(名古屋大学)
【専門分野】
植物遺伝学:再分化系構築

研究テーマ
イネやウキクサを用いて「環境ストレス応答と植物ホルモンのはたらき」、「デンプン蓄積の制御」という現象に着目し、注目する遺伝子の機能を生化学および分子遺伝学を駆使してその分子メカニズム解明に取り組んでいます。さらに、アイスプラントの再分化系の構築を行い、ゲノム編集技術を用いた機能性向上アイスプラントの作出を目指します。