×

学長からのメッセージ

変革する新時代でも生き生きと活躍する皆さまを想像しながら

学長メッセージ

長浜バイオ大学 学長 蔡 晃植

現代社会は、サイエンスイノベーション時代に突入しております。サイエンスイノベーション時代では、遺伝子の狙った場所に変異を入れたり、特定の領域を書き換えたりすることができるゲノム編集や人工知能やビッグデータ解析などのデータサイエンス、iPS細胞などを用いた再生医療などの新技術が社会に浸透することで、社会構造だけでなく社会に対する価値観までもが大きく変化します。さらに、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症がこの変化に拍車をかけ、社会の常識や人々の生活様式も変わろうとしています。これから大学で学ぶ皆様には、これまでの価値観や知識、技術だけにとらわれるのではなく、新しい社会で必要な価値観や知識、技術を習得し、変化した新時代に対応し活躍することが求められています。
世界トップレベルのバイオサイエンス研究とこれを基盤とした質の高い教育を行ってきた長浜バイオ大学は、サイエンスイノベーション時代に対応できる人材を育成するために、2019年度よりバイオサイエンス学部を全面改組し、臨床検査学コースを含むフロンティアバイオサイエンス学科、メディカルバイオサイエンス学科、アニマルバイオサイエンス学科として再出発しました。さらに、2022年度からは臨床検査学コースを全面改定し、高度なバイオサイエンスの知識と技術を持った臨床検査技師の養成を行います。改組したバイオサイエンス学部で行われている新しい教育プログラムは、新時代においても活躍できる人材を育成できるように設計されており、この教育プログラムを履修することで、新たな時代で活躍するために必要な知識と技術を習得できるようになっております。
四季折々の自然が美しい琵琶湖の湖畔に位置するキャンパスで、バイオサイエンスにどっぷりつかる学部、大学院時代を過ごし新時代で活躍できる人材に育っていく皆様とお会いできることを心から願っております。