×

成績評価に関して

1.成績評価基準 

 
① 成績評価は、S・A・B・C・Dをもって表示し、S・A・B・Cを合格として所定の単位を付与します。
Dは不合格とします。これらは100点法の場合、次の基準になります。

S:90点以上
A:80点以上90点未満
B:70点以上80点未満
C:60点以上70点未満
D:60点未満(不合格)

※C評価は、JABEEプログラムにおける各科目の教育目標を最低限達成していることを表します。

② 科目の性格によって、S・A・B・C・Dの評価を付さない場合があります。その場合はG・Fで表示します。Gは合格、Fは不合格を意味します。

2.GPA制度

 
GPAとは、“Grade Point Average”の略称で、本学では、授業ごとの成績評価「S・A・B・C」
それぞれに対して「4・3・2・1」のグレードポイントをつけて、全履修科目の平均を算出した数値を表しています。

「D」評価のグレードポイントは0となり、GPA算出の際の総単位数に含まれます。
なお、「G・F・N」評価はGPA算出の対象外科目とします。また、前期・後期の履修辞退科目もGPA算出の対象から外されます。
このGPAによって、受講した授業での学修効果を自分自身で把握することができ、修得単位の水準を知る上で参考とすることができます。また、本学では、奨学金の選考時や、JABEEプログラムの選択時、研究室配属時、大学院進学時などに、GPAを基準の一つとする場合があります。
なお、各自のGPAについては、セメスターごとの成績通知書、通算成績一覧表に掲載します。

<GPA算出方法>

(Sの単位数×4)+(Aの単位数×3)+(Bの単位数×2)+(Cの単位数×1)
「S・A・B・C・D」評価の総単位数

3.ルーブリック評価

 
各授業の学習・教育到達目標の評価水準を明確にするために、2019年度からは全科目でルーブリック評価を用いた成績評価を行います。
詳細は、各授業の第1回目に説明します。

ページの先頭へ