×

メディカルバイオサイエンス学科

メディカルバイオサイエンス学科

バイオの学びと医療・医学の学びで、高度化した医療産業で活躍する人材を育成

医科学系、創薬科学系、医療情報系の学びを通して、遺伝情報や電子カルテなどを取り扱う上で必要な医療情報学の専門知識と、データベースなど医療情報を扱うIT 技術を修得します。医療・医学の学びを重視し、製薬、医療機器、医療IT など高度化・専門化した現代の医療産業や、化学メーカーなどで活躍できる人材を育成します。
メディカルバイオサイエンス学科_学びのキーワード

4年後の成長イメージ

  • 基礎から実践に至るメディカルバイオサイエンスの知識と技術を修得し、医薬品、医用機器、臨床分析、化学、IT などの分野で活躍できる。
  • 語学力と情報処理能力で、高度情報化・国際化社会に対応できる。
  • 主体的に学び、自ら課題を発見し、その解決法を導き出すとともに、他者と協力して物事にあたることができる。

取得可能な資格

  • 放射線取扱主任者1 種
  • 危険物取扱者甲種
  • 毒物劇物取扱者

学びと研究を専門的に深める メディカルバイオサイエンス学科の専門教育

「専門科目」として、以下の5つの科目群から必要な講義・実習を履修することで、メディカルバイオサイエンス研究の実践に必要な知識と技術を身につけます。

学科の学び
医療情報系 医科学系 創薬科学系 専門実験
1年次 コンピュータ・グラフィックス実習
人工知能入門
実験動物学
学部共通科目(学部共通科目 参照)
2年次 人工知能の理論と実践
AIロボット製作実習
医療のための情報工学概論Ⅰ
医療のための情報工学概論Ⅱ
医用データベース技術Ⅰ
医用データベース技術Ⅱ
医用工学概論
立体解剖学
ゲノム解析学
医学概論
神経科学
組織学
栄養学
動物生理学
動物生殖発生学
動物系統分類学
食品衛生学
医薬分子機能学
生体高分子解析学
放射線生物学
学部共通科目(学部共通科目 参照)
3年次 医療情報学概論
進化生物学
インシリコ創薬基礎実習
インシリコ創薬応用実習
病原ウイルス学
免疫学
公衆衛生学
病理学
細胞工学
発生生物学
薬理学
創薬科学概論
タンパク質工学
生理活性物質概論
構造生物学
生体材料工学
M 専門実験ⅠA(医科学系)
M 専門実験ⅠB(創薬科学系)
M 専門実験ⅡA(医科学系)
M 専門実験ⅡB(創薬科学系)
学部共通科目(学部共通科目 参照)
4年次 専門・総合文献調査・講読
卒業研究

ヒトの体の仕組みを深く学ぶ

医科学系

医科学系
医療科学に重要な医学、生理学、発生学、組織学、免疫学、病理学、薬理学などの科目を選択科目として配置し、自らの計画に従って履修します。

くすりの仕組みや開発について学ぶ

創薬科学系

創薬科学系
医薬品や創薬、タンパク質などに関連した専門性の高い科目を配置し、自らの計画に従って履修します。

医療に関わるビッグデータの取り扱いを学ぶ

医療情報系

医療情報系
人工知能やビッグデータの取り扱い、医療情報などに関する講義や実習を広く配置し、「インシリコ創薬基礎実習」を必修として履修します。

専門実験

専門実験
メディカルバイオサイエンス研究に必要な医科学系と創薬科学系の実験を「専門実験Ⅰ,Ⅱ」として必修で配置し、4年次の卒業研究へ向けた知識や技術を身につけます。

専門総合

4年次では集大成としての「卒業研究」と「文献調査・講読」を必修として配置し、実社会で活躍するために必要な能力を養います。

STUDENT's VOICE - 研究室を選んだ理由

誰もまだ見たことのない未知の領域へ新しい生理活性ペプチドの合成に挑む

河井 滉樹 さん
ペプチド科学研究室 向井 秀仁先生
河井 滉樹 さん
バイオサイエンス学科4年次生(岐阜・県立岐阜農林高校出身)
向井秀仁先生の研究室のコンセプトは、「誰もやらないことをやる」。その言葉に強く惹かれて、この研究室を希望しました。実際に先生は、生体内での働きがまだわからないマイトクリプタイドという生理活性ペプチドを発見し、その研究を進めておられます。
私が今取り組んでいるのは、一群の新しい生理活性物質であるマイトクリプタイドを、ペプチド固相合成法を用いて化学合成すること。マイトクリプタイドは生体内でも希少な存在で、抽出するのはほぼ不可能。その生理活性機能の解明に合成法の確立が必要になるのです。

治療法も原因も明らかにされていない脳神経に関わる難病に希望の光を

角尾 愛美 さん
細胞制御学研究室 亀村 和生先生
角尾 愛美 さん
バイオサイエンス学科4年次生(徳島・県立城北高校出身)
あるテレビ番組で、認知機能の低下や運動機能に障害をきたす神経変性疾患を知り、まだ治療はおろか原因すらわからないこの難病に興味を持ちました。
亀村和生先生は、本学で神経変性疾患の原因となるタンパク質を探索されており、先行研究からFUS、EWSというタンパク質が脳内に蓄積されることで、病態が形成されると考えておられます。中でも私は、特別な翻訳後修飾によって蓄積量の少ないEWS に注目し、さまざまな条件下で修飾が起こるメカニズムを追求しようと思います。将来も神経変性疾患に関わる研究職をめざしています。

PICK UP

<講義>

放射線について基礎から学ぶ
放射線生物学

基礎的な放射線に関する知識を広く身に付けることを目的として原子物理学の基礎から導入し、放射線とは何かを学びます。また目に見えない放射線の測定法、生物への放射線の影響、さらに医療への応用まで、放射線の安全、管理、関連法規についても概説します。

病原ウイルス学

<講義>

医療を多角的に学ぶ
医療情報学概論

医療情報システムの種類・機能・構成について、医療制度・病院経営・患者サービスなどの観点から多角的に学びます。日本の医療制度、病院の仕組み、病院情報システムの仕組み、地域連携の仕組みについて、基本的な理解を修得します。

創薬科学概論

ページの先頭へ