×

フロンティアバイオサイエンス学科

生命科学分野の最先端を追究し 多岐の分野で活躍する人材を育成。

食農科学系、生命工学系、生命情報学系の学びを通して、AI による社会変革を見据えた知識と、生き物のつながりを基礎から応用まで分子レベルで掘り下げ、生命科学分野の最先端を追究します。こうして培ったバイオの知識と技術を生かし、食品や化学、IT企業を中心に広い分野で活躍する人材を育成します。

4年後の成長イメージ

育成する人物像

取得可能な資格

  • 甲種危険物取扱者
  • 作業環境測定士第1 種、第2 種
  • 放射線取扱主任者1 種
  • エックス線作業主任者
  • 毒物劇物取扱者
  • 環境計量士
学科の学び
食農科学系 生命工学系 生命情報系 実験系
1年次 学部共通科目
2年次 植物遺伝子工学
食品衛生学
栄養学
環境保全学
神経科学
動物系統分類学
動物生理学
動物生殖発生学
生体高分子解析学
放射線生物学
ゲノム解析学
学部共通科目
3年次 植物生理学
生物生産学概論
生体分子応答学
発生生物学
水生動物学
応用微生物学
細胞工学
糖質生物学
タンパク質工学
生理活性物質概論
生体材料工学
環境化学
生物情報統計学
応用ゲノム解析学
進化生物学
構造生物学
生命情報科学専門実習Ⅰ
生命情報科学専門実習Ⅱ
F 専門実験ⅠA(動物細胞系)
F 専門実験ⅠB(植物環境系)
F 専門実験ⅡA(微生物系)
F 専門実験ⅡB(生命科学系)
学部共通科目
4年次 料理を科学する 専門・総合文献調査・講読
卒業研究

学びと研究を専門的に深める
フロンティアバイオサイエンス学科の専門教育

「専門科目」として、以下の5 つの科目群から必要な講義・実習を履修することで、フロンティアバイオサイエンス研究の実践に必要な知識と技術を身につけます。

植物や食糧問題について学ぶ

食農科学系

微生物から動物、植物にいたるバイオサイエンスやバイオテクノロジーの最先端の知識が学べる科目、さらには環境保全や食品科学系の科目を選択科目として配置し、自らの計画に従って履修します。

生命の仕組みや産業への応用について学ぶ

生命工学系

タンパク質などの生体分子の機能を分析・解析したり、工業的に利用するための最先端の知識が学べる科目を選択科目として配置し、自らの計画に従って履修します。

生命の仕組みを情報で解き明かす

生命情報系

タンパク質やDNAの立体構造や配列と機能、データサイエンスに関わるプログラミングなど、最先端の情報科学に関する講義や実習を広く配置し、「生命情報科学専門実習Ⅰ」を必修として履修します。

実験系

動物細胞・植物環境・微生物・生命化学の4分野の実験技術を学びます。遺伝子組み換え技術、DNA塩基配列の決定、細胞成分の分析、培養細胞の解析など、バイオ基礎研究や食品・農業・環境・化学関連企業で役立つ技術が修得できます。

専門総合

4年次では集大成としての「卒業研究」と「文献調査・講読」を必修として配置し、実社会で活躍するために必要な能力を養います。

STUDENT's VOICE - 研究室を選んだ理由

ケミカルバイオロジーの手法を用いて下水汚泥から価値ある資源を生み出す

井垣 亮祐 さん

蛋白質機能解析学研究室 長谷川 慎先生
井垣 亮祐 さん
バイオサイエンス学科4年次生(愛知・私立名城大学附属高校出身)
化学と生物細胞学が得意で、さまざまな実験に興味のあった私は長谷川慎先生の研究室を選びました。先生はケミカルバイオロジーを基盤に、新しい抗がん剤の研究やウイルス検出装置の開発など多岐にわたる活躍され、そのすべての研究が面白いと感じたからです。
そこで私は、下水汚泥から製造した、活性炭の資源活用に関する研究を行う予定です。活性炭は農業などに使われる吸着性の高い炭ですが、高温で炭化した下水汚泥からリンやミネラルに富む活性炭を作り、微生物を利用して土壌改質剤としての有用性を確かめようと思っています。

植物の情報伝達機構を紐解くことでストレス耐性をもつイネの作出を夢見て

    清水 咲樹 さん

植物遺伝学研究室 今村 綾先生
清水 咲樹 さん
バイオサイエンス学科4年次生(滋賀・県立大津高校出身)
米を主食とする日本人には、とても馴染みの深いイネ。そのイネを用いて遺伝子組み換え実験を行う今村綾先生の研究に惹かれました。
ここで私がやりたいのは、植物の情報伝達機構であるHis-Asp リン酸リレーにおいて、仲介因子のHPt 因子群の中でもリン酸を受け取らない、Php 因子の働きをイネ個体で解明することです。また、Php 因子の発現量の調整には植物ホルモンのジャスモン酸が関与し、植物がストレス耐性を獲得するのに必要な物質であることから、将来は塩害など環境ストレスにも強いイネが作出できればと思います。

PICK UP

<講義>

発酵食品と環境浄化の両面で微生物の有用性を理解する
応用微生物学

人類は微生物の存在が知られる前から発酵食品や飲料を製造してきました。本講義では日本酒やワインなどの飲料を中心に微生物を用いた伝統的な醸造と近代的な有用物質の生産、および微生物の働きを利用した環境改善の試みについて学びます。

<講義>

タンパク質の解析と改変・デザイン・創製を学ぶ
タンパク質工学

医薬品や食品産業に応用される、天然タンパク質の解析的研究から得られる知識をもとに、狙った構造や機能を持ったタンパク質を合理的に改変したり、新たにデザイン、創製するタンパク質工学の基本的な技術と原理を学びます。

ページの先頭へ