×
  • HOME
  • 大学案内
  • フロンティアバイオサイエンス学科臨床検査学コースでの学びの魅力

フロンティアバイオサイエンス学科臨床検査学コースでの学びの魅力

バイオと医学を基礎にした臨床検査学の学びで、次世代医療を担う臨床検査技師を育成

臨床検査学とは?

臨床検査学は、主に病気の診断などのために行う生化学検査、血液検査、免疫検査、病理組織細胞検査、微生物検査、遺伝子検査など、検体材料から形態所見や客観的数値情報を得る検体検査と、超音波検査、心電図検査、脳波検査、筋電図検査などの生理機能を評価する生体検査を対象とした学問分野です。

臨床検査技師への道

臨床検査学に関する専門科目群および実習科目群を選択科目として履修することによって、臨床検査技師国家試験の受験資格を得ることができます。

本学の臨床検査学コースならではの特色

臨床検査学の実践的内容と、基礎医学(解剖組織学・生理学・病理学)、生物学、化学の基礎知識に基づく病態の理解、最新の医科学に対応した学び、バイオインフォマティクス(生命情報)と医学英語力の重視が特色です。最新の検査機器と人体モデル、視覚的教材と少人数制の手厚い指導で、遺伝子診断や再生医療など次世代医療を担う医療人・臨床検査技師を育成します。

臨床検査学の実践的内容と最新医科学の内容を網羅

  • 病態の屋根瓦式教育による医学基礎の理解・修得
  • 複雑化、細分化しつつある最先端医学に対応した学び
  • 最新の検査機器と人体モデル、視覚的教材による総合学習

少人数制による手厚い指導、バイオインフォマティクスと
医学英語力を重視した学び、コース以外からの2年次転入も可能

※在籍者数により実施しない場合もあります。

臨床検査や製薬、医学研究などの医療系職種に役立つ医学知識

コースの学び

1年次 学部共通科目
2年次 動物生理学
解剖組織学
免疫学
解剖組織学演習
臨床微生物学
臨床生理学Ⅰ
医用工学演習
一般検査学
栄養学
臨床化学
臨床血液学
医療安全管理学演習
臨床免疫学
学部共通科目
3年次 病原ウイルス学
輸血・移植検査学
臨床生理学Ⅱ
医療情報学概論
検査総合管理学
病理組織細胞学
臨地実習前技能演習
臨床化学実習
免疫検査学実習
臨床微生物学実習
臨床生理学実習
公衆衛生学
臨床病態学
病理学
薬理学
病理学実習
4年次 臨床検査特論
臨地実習Ⅰ
臨地実習Ⅱ
文献調査・講読
卒業研究
臨床検査技師国家試験:
4年次2月中旬
大学院
※「臨地実習」への参加および「臨床検査技師国家試験 受験資格」の取得にはそれぞれ要件があり、所定の科目を履修して単位を修得する必要があります。

臨地実習病院 ( 滋賀・京都・大阪・奈良・岐阜・愛知の19病院)

臨地実習病院

4年後の成長イメージ

  • バイオサイエンスの知識と技術を基盤として、臨床検査に関する専門知識、技術を身につけている。
  • 生命への畏敬の念と倫理観に加え、病める人の気持ちに寄り添える感性を有している。
  • チーム医療を理解し、他の医療職と円滑に連携して医療に貢献できる。
  • 語学力と情報処理能力で、高度情報化・国際化社会に対応できる。
  • 主体的に学び、自ら課題を発見し、その解決法を導き出すとともに、他者と協力して物事にあたることができる。

社会で活躍するフィールド

臨床検査技師の資格を生かせる職場は、病院をはじめとして、病床を持たないクリニックや健診(検診)センター、高度で特殊な検査を含め、検体検査を専門に行う臨床検査センター、医療関係の研究施設など、多岐にわたります。また、臨床研究コーディネーターや製薬メーカーなどの企業、保健所などにも活躍の場があります。

国家資格取得後のキャリアアップ

さらに質の⾼い臨床検査技師を医療現場に提供するために、各種検査の認定技師制度が定められています。(⽇本臨床衛⽣検査技師会)臨床検査技師の資格が取得要件となる認定制度をはじめ、知識技術が⽣かせる領域の認定制度などによりキャリアアップが可能です。

臨床検査学コース実習機器

オールインワン蛍光イメージングシステム

オールインワン蛍光イメージングシステム

超音波診断システム

超音波診断システム

筋電計バイキングエスト

筋電計バイキングエスト

脳波計

脳波計

解析付心電計

解析付心電計

血圧脈波検査装置

血圧脈波検査装置

フローサイトメーター

フローサイトメーター

超音波診断ファントム

超音波診断ファントム

上腹部内臓モデル

上腹部内臓モデル

採血・静注シミュレーター

採血・静注シミュレーター


STUDENT's VOICE

徳田 有香 さん
臨床検査学コース3年次生
(滋賀・県立長浜北高校出身)

仲間と一緒に国試合格をめざす

仲のいい友人のお兄さんが本学の卒業生。今や第一線で活躍する臨床検査技師と知り、私も興味を持ちました。本コースは1学年30人程度の少人数制。アットホームな雰囲気で、「みんなでがんばろう!」という仲間意識が強いです。また、専門性の高い講義は外部から講師を招き、滋賀医科大学で人体解剖実習を見学するなど、大学の垣根を超えた学びにも触れられます。

PICK UP

<講義>
医学情報を正確に養う実践的な講義
医学概論

疾患に関連する領域( 組織・解剖学、生理学、免疫学、病理学、検査学、診断学、治療学)を参照して、ミクロからマクロまで、分子レベルから病態・治療まで、ベンチからベッドサイドまで、縦断的・網羅的に解説します。医学書・論文( 英語を含む)を検索・調査・読解・発表する機会を通じて、医学情報を正確に把握する能力を養います。

<実習>
実習を通じて基礎的知識と技術を習得する
臨床免疫学実習

免疫系に関する臨床検査や抗原抗体反応を利用した測定法に関する実習を行います。適切な操作法、判定法、結果の解釈、異常値や非特異反応への対処法について習熟します。輸血検査では基礎的知識と技術を学び、輸血検査の意義、検査法と成績の解釈を習得します。