×

フロンティアバイオサイエンス学科臨床検査学コース

バイオと生物情報学を基礎に、
次世代の医療(遺伝子診断・再生医療)を担う
医療人・臨床検査技師の育成

―― 滋賀県では唯一の臨床検査技師の養成校

本学の臨床検査学コースならではの特色

  • 臨床検査学の実践的内容と最新医科学の内容を網羅
    • 少人数制による手厚い指導
    • 複雑化、細分化しつつある最新の医科学に対応した学び
    • 解剖学、組織学、生理学、化学の基礎知識に基づく病態の理解
    • 最新の検査機器と人体モデル、視覚的教材による総合学習
    • データサイエンスと医学英語力を重視した学び
    • 他コースからの2 年次転入も可能※在籍者数により実施しない場合もあります。
  • 臨床検査や製薬、医学研究などの医療系職種に役立つ医学知識

臨床検査技師とは?

医学・医療の目的は病める人を治療し、病から救い、病気や疾病を予防し、健康を促進することです。病気になった人には的確な診断や治療をするために、健康な人が将来病気になるかどうかを調べるためには正確な生体情報が必要です。
それには体の情報を客観的、科学的な数値や画像として提供することができる臨床検査が不可欠となります。この臨床検査を行うのが臨床検査技師です。
臨床検査技師は血液や尿などの検体検査や心電図、脳波などの生理機能検査を行います。また、患者さんに検査の目的や意義などの説明も求められるようになってきました。さらに、チーム医療の一員として他の医療職者とともに医療を支援します。

広がる活躍のステージ

国家試験に合格し、臨床検査技師の資格を取得すれば、病院などの医療機関や保健所などで臨床検査業務を担うことができます。
さらに、細胞検査士、認定輸血検査技師、超音波検査士などの資格にも挑戦することができます。
また、産婦人科領域で体外受精に関わる胚培養士、治験コーディネーター、製薬会社や診断機器メーカーなど、多彩な領域での活躍が期待されています。

4 年間の学びの流れ
1年次
  • 教養や語学とバイオの基礎を学ぶ
基礎微生物学
科学技術論
データサイエンス入門
健康保健学
社会学
心理学
化学基礎
エッセンシャル生化学I
エッセンシャル生化学II
エッセンシャル化学I
コンピュータ基礎実習
コンピュータ応用実習
その他学部共通科目
2年次
  • 臨床検査学の基本的な講義と実習
  • バイオの知識修得
動物生理学
組織学
医学概論
免疫学
放射線概論
食品衛生学
医用工学概論
臨床検査総論I
臨床血液学
臨床検査特論III
臨床化学
医療安全管理学演習
医用工学概論実習
臨床検査総論実習
組織学・解剖学実習
応用実験Ⅰ(物質系)
応用実験Ⅰ(DNA系)
応用実験Ⅰ(タンパク質系)
応用実験Ⅰ(微生物系)
応用実験Ⅰ(動植物系)
その他学部共通科目
3年次
  • 臨床検査学の講義と実習
病理学
臨床生理学
医療情報学概論
臨床検査総論II
血液形態検査学実習
臨床化学実習
病理学実習
臨床免疫学実習
臨床生理学実習
血栓止血検査学実習
病原体検査学実習
4年次
  • 臨地実習と国家試験の準備、卒業研究
  • 国家試験
臨地実習
臨床検査特論I
臨床検査特論II
文献調査・講読
卒業研究
大学院

臨地実習病院 (滋賀・京都・大阪・奈良・岐阜の17病院)

臨地実習病院

4 年後の成長イメージ

  • バイオサイエンスの知識と技術を基盤として、臨床検査に関する専門知識、技術を身につけている。
  • 生命への畏敬の念と倫理観に加え、病める人の気持ちに寄り添える感性を有している。
  • チーム医療を理解し、他の医療職と円滑に連携して医療に貢献できる。
  • 語学力と情報処理能力で、高度情報化・国際化社会に対応できる。
  • 主体的に学び、自ら課題を発見し、その解決法を導き出すとともに、他者と協力して物事にあたることができる。

取得可能な資格

  • 臨床検査技師国家試験受験資格

臨床検査学コース実習機器

超音波診断システム
超音波診断システム
採血・静注シミュレーター
採血・静注シミュレーター
解析付心電計
解析付心電計
筋電計バイキングエスト
筋電計バイキングエスト
脳波計
脳波計
血圧脈波検査装置
血圧脈波検査装置

STUDENT's VOICE - 研究室を選んだ理由

免疫学の知見を深めて求められる医療人に

山田 将太 さん

山田 将太 さん
コンピュータバイオサイエンス学科4年次生(徳島・県立池田高校出身)

最初は医師をめざしていた僕に、違う側面から医療従事者への道を開いてくれたのが臨床検査学コースです。臨床検査技師は採取した検体を分析するだけのように思われがちですが、実際には解剖学や生理学など検査の背景にある人体の仕組みについて高度な知識が求められ、チーム医療の要となるやりがいのある仕事です。
僕は1 年次の「バイオ実験夢チャレンジ」で免疫学に興味を抱き、貪食作用で殺菌する好中球がご専門の伊藤洋志先生の研究室を希望しました。一般的に抗がん剤を投与すると好中球は減少しますが、僕はそこで新規の抗がん剤に関わる研究を行う予定です。

実験を重ねることで機器分析の技術を修得

    青木 佐伎 さん

青木 佐伎 さん
バイオサイエンス学科4年次生(静岡・県立静岡城北高校出身)

研究職にも、医療職にも興味のあった私にとって、1 年次にバイオの基礎が学べ、将来有望な国家資格もめざせる本学の臨床検査学コースはまさに理想的でした。
3 年次の血小板機能検査の実習で、常温で放置された時間の長い血液ほど正常値が出せなかった経験から、血小板の状態変化と時間の関係が知りたくて、血栓止血検査に造詣の深い高宮先生の研究室を希望しました。血小板検査には様々な惹起物質を使用しますが、凝集反応の違いだけでなく、経時的変化も注意深く観察したいと思います。

※現4年次生は2年次からのプログラム選択のため、学科が異なります。

PICK UP 講義

先端医療の現場に対応した実践的な講義
臨床生理学

生理学的検査は、「超音波検査」、「循環器系検査」、「呼吸器系検査」、「神経系検査」に大別されます。この講義では視覚的な教材を多数用いて病態や原因遺伝子、最新の治療法まで幅広く解説し、ヒトの体の構造・生理機能等の基礎から様々な関連疾患の詳細を学習します。

血液の検査方法と採血の手技を理解する
血液形態検査学実習

血液形態学検査の意義を理解するため、用意された正常および病的検体の検査を行うことで的確な検査方法と検査意義を理解します。また、臨床検査技師に認められている採血の注意事項、手技などを十分に理解し採血できるようにします。

※在学生は学科変更しないため、現行学科名となります。

ページの先頭へ