×

アニマルバイオサイエンス学科

アニマルバイオサイエンス学科

個体レベルで動物の営みと機能を探求し、生き物好きがプロフェッショナルになる。

生物多様性、食品・実験動物、食品衛生の学びを通して、個体としての動物の営みを探求します。豊かな自然の立地を生かした湖北動物プロジェクトや、多彩な野外実習も特色です。データサイエンスやDNA 解析の知識と技術も修得し、科学の目で評価・解析できる人材を育成、「生き物好き、動物好きがプロフェッショナルになれる」学科です。
アニマルバイオサイエンス学科

4年後の成長イメージ

  • アニマルバイオサイエンス領域の基本から実践に至る知識と技術を修得し、食品、医薬、畜産、愛玩動物、環境保全などの産業に係わる企業、大学、国公立機関などで活躍できる。
  • 語学力と情報処理能力で、高度情報化・国際化社会に対応できる。
  • 主体的に学び、自ら課題を発見し、その解決法を導き出すとともに、他者と協力して物事にあたることができる。

取得可能な資格

  • 実験動物技術者1 級、2 級
  • ペット栄養管理士
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員任用資格
  • 環境計量士

学びと研究を専門的に深める
アニマルバイオサイエンス学科の専門教育

「専門科目」として、以下の6つの科目群から必要な講義・実習を履修することで、アニマルバイオサイエンス研究の実践に必要な知識と技術を身につけます。

学科の学び
動物科学
専門教育
食品衛生専門教育
(食管理関連)
食品・実験動物
専門教育
生物多様性
専門教育
AB 専門実験
1年次 湖北動物プロジェクトⅠa
湖北動物プロジェクトⅠb
実験動物学 野外調査実習
学部共通科目(学部共通科目 参照)
2年次 動物生理学
組織学
放射線生物学
動物生殖発生学
ゲノム解析学
病理学(アニマル)
湖北動物プロジェクトⅡ
(BIWAKO SYSTEM)
環境保全学
生体高分子解析学
食品衛生学
栄養学
神経科学
実験動物学演習
食農フィールド科学演習
動物生態学
動物系統分類学
臨海実習
生物多様性実習
学部共通科目(学部共通科目 参照)
3年次 生体分子応答学
動物栄養学
発生生物学
応用ゲノム解析学
フロンティア動物科学
糖質生物学
タンパク質工学
生物生産学概論
公衆衛生学
生理活性物質概論
植物生理学
応用微生物学
免疫学
薬理学
家畜飼養学実習
進化生物学
水生動物学
A専門実験Ⅰ(神経生理学)
A専門実験Ⅰ(次世代シークエンス)
A専門実験Ⅰ(栄養病態学)
A専門実験Ⅰ(遺伝学)
A専門実験Ⅱ(実験生態学)
A専門実験Ⅱ(実験動物学)
A専門実験Ⅱ(病理学)
学部共通科目(学部共通科目 参照)
4年次 専門・総合文献調査・講読
卒業研究

アニマルバイオサイエンスの基礎を学ぶ

動物科学専門教育

動物科学専門教育系
アニマルバイオサイエンスで必要とされる多様性生物学、組織解剖学、発生学、生理学、栄養学などの基礎的な知識を理解します。

食品衛生や食品分析について学ぶ

食品衛生専門教育(食管理関連)

食品衛生専門教育系
食品衛生の知識を身につけます。実験では、食品分析に欠くことのできない原子吸光分光光度計、ガスクロマトグラフィー、高速液体クロマ卜グラフィーなどによる分析技術や栄養成分分析の原理を理解し、実践できるようにします。

家畜や実験動物について学ぶ

食品・実験動物専門教育

食品・実験動物専門教育系
実験動物の構造、機能、特性を熟知し、動物福祉に配慮し、その取り扱いに関して職業レベルの手技を身につけます。個々の問題に対して使用する実験動物、実施する実験計画を判断し、実験結果を正しい手法で解析できるようにします。

生物多様性や環境問題について学ぶ

生物多様性専門教育

生物多様性専門教育系
系統分類学、生態学、発生生物学についての知識を修得。野生動物、食用動物、実験動物などの共通点・相違点や相互関係を理解し、仕事や研究に応用。生物多様性と地球環境について理解し、研究・保全するための知識と技術を身につけます。

AB 専門実験

実験系
アニマルバイオサイエンスの発展的な実験手技を実践できるようにします。また、研究に必要な情報を文献調査により入手する方法を理解し、修得した知識と実験手技を用いて卒業研究を行います。

専門総合

4年次では集大成としての「卒業研究」と「文献調査・講読」を必修として配置し、実社会で活躍するために必要な能力を養います。

STUDENT's VOICE - 研究室を選んだ理由

驚異の生命力をもつプラナリアに惹かれ低酸素状態のストレス応答を明らかに

村瀬 功一郎 さん
比較動物学研究室 和田 修一先生
村瀬 功一郎 さん
アニマルバイオサイエンス学科4年次生(愛知・県立中村高校出身)
所属していた動物研究サークルで、大学近くの用水路の生きもの調査を行いました。その時に採取したプラナリアを飼っていた経験から、未だ多くの謎をもつこの生物をもっと知りたくなりました。
和田修一先生はプラナリアをはじめ、多種多様な無脊椎動物を研究対象にされています。プラナリアを含む扁形動物の面白いところは、一般的な生物が低酸素状態になると働くHIF 遺伝子をもたないこと。酸素が少なくなった時、プラナリアはどんな仕組みで対応するのか、代用できる遺伝子はあるのかを突き止めたいと思います。

発見から50年以上謎のままだったフクラガエル糊分泌物の成分を解明

上山 亜澄 さん
進化多様性生物学研究室 倉林 敦先生
上山 亜澄 さん
アニマルバイオサイエンス学科4年次生(京都・府立嵯峨野高校出身)
動物園や水族館など、動物に関わる仕事に就くことが小さい頃からの夢だったので、フィールドワークもある倉林敦先生の研究室を選びました。先輩がいない新しい研究室というのも決め手です。
倉林先生は、フクラガエルが皮膚から分泌するカエル糊の適応進化の解明を目的に、物理的特徴と構成たんぱく質、その候補遺伝子を明らかにする研究を進めています。
カエル糊の主な構成要素がたんぱく質であることを、先生の研究で明らかにしました。私は水分と糖分の含有量を調べるなど、カエル糊の成分分析を行うことにしています。

PICK UP

<講義>
生物を識別しその多様性を体系化する学問分野
動物系統分類学

動物を用いた研究を行う上で、また生物多様性の意義を理解する上で、地球上にどのような動物が存在するのか、また、それぞれの動物がどのような関係であるかを理解することは極めて重要です。分類学は、生物を識別し、その多様性を体系化する学問分野です。分類学の方法や規則、種の概念などの基本的事項を学びます。

動物生理学

<実習>
マウスの動物実験を通じて飼料と病態の関係を学ぶ
A専門実験Ⅰ(栄養病態学)

動物栄養学を学ぶため、糖尿病の要因である肥満を標的としてマウスの正常飼育および高脂肪飼育中の水分、栄養素の定量実験を行い、飼育組成や組織重量、血中パラメーターと肥満の関係を理解します。また、動物病態生理学を学ぶため、生活習慣病としての高血圧を標的に、マウスを使った実験を行います。

食品衛生学

ページの先頭へ