×

アニマルバイオサイエンス学科

アニマルバイオサイエンス学科

動物の営みとその機能を分子や個体レベルで、
動物科学系、食品衛生学系、食品・実験動物学系、
生物多様性学系の学びを通じて探究

アニマルバイオサイエンスとは、動物の営みやその機能を分子や個体レベルで理解する学問です。生物多様性学、実験動物学、食品機能学、食品衛生学という大きく4 つの分野について、基礎から専門までの知識・技術とその応用能力、さらに論理的・実践的思考能力を修得します。学内だけでなく野外での調査や実習を多く取り入れているのが特色です。最先端の人工知能やビッグデータなどコンピュータ教育も積極的に取り入れています。
アニマルバイオサイエンス学科
学科の学び
動物科学
専門教育系
食品衛生
専門教育系
食品・実験動物
専門教育系
生物多様性
専門教育系
実験系
1年次 湖北動物プロジェクトⅠ 実験動物学 野外調査実習
学部共通科目(学部共通科目 参照)
2年次 動物生理学
組織学
放射線概論
動物生殖発生学
ゲノム解析学
病理学
湖北動物プロジェクトⅡ
環境保全学
生体高分子解析学
食品衛生学
栄養学
神経科学
実験動物学演習
食農フィールド科学演習
動物生態学
動物系統分類学
臨海実習
生物多様性実習
応用実験Ⅰ(物質系)
応用実験Ⅰ(DNA 系)
応用実験Ⅰ(タンパク質系)
応用実験Ⅰ(微生物系)
応用実験Ⅰ(動植物系)
応用実験Ⅱ(情報系)
動物多様性系実験Ⅰ
動物多様性系実験Ⅱ
動物多様性系実験Ⅲ
食品・動物実験系実験Ⅰ
食品・動物実験系実験Ⅱ
学部共通科目(学部共通科目 参照)
3年次 生体分子応答学
動物栄養学
発生生物学
応用ゲノム解析学
フロンティア動物科学
糖質生物学
タンパク質工学
生物生産学概論
公衆衛生学
生理活性物質概論
植物生理学
応用微生物学
免疫学
薬理学
家畜飼養学実習
進化生物学
水生動物学
動物多様性系実験Ⅳ
動物多様性系実験Ⅴ
動物多様性系選択実験
食品・動物実験系実験Ⅲ
食品・動物実験系実験Ⅳ
食品・動物実験系実験Ⅴ
食品・動物実験系選択実験
学部共通科目(学部共通科目 参照)
4年次 専門・総合
文献調査・講読
卒業研究

4年後の成長イメージ

  • アニマルバイオサイエンス領域の基本から実践に至る知識と技術を修得し、食品、医薬、畜産、愛玩動物、環境保全などの産業に係わる企業、大学、国公立機関などで活躍できる。
  • 語学力と情報処理能力で、高度情報化・国際化社会に対応できる。
  • 主体的に学び、自ら課題を発見し、その解決法を導き出すとともに、他者と協力して物事にあたることができる。

取得可能な資格

  • 実験動物技術者1 級、2 級
  • ペット栄養管理士
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員任用資格
  • 環境計量士

学びと研究を専門的に深める
アニマルバイオサイエンス学科の専門教育

「専門プログラム科目」として、以下の6つの科目群から必要な講義・実習を履修することで、メディカルバイオサイエンス研究の実践に必要な知識と技術を身につけます。

アニマルバイオサイエンスの基礎を学ぶ

動物科学専門教育系

動物科学専門教育系
アニマルバイオサイエンスで必要とされる多様性生物学、組織解剖学、発生学、生理学、栄養学などの基礎的な知識を理解します。

科目例

  • 動物生理学
  • 動物生殖発生学
  • 動物栄養学
  • 発生生物学
  • フロンティア動物科学
  • 湖北動物プロジェクト
  • 病理学
  • ゲノム解析学 他

食品衛生や食品分析について学ぶ

食品衛生専門教育系

食品衛生専門教育系
食品衛生の知識を身につけます。実験では、食品分析に欠くことのできない原子吸光分光光度計、ガスクロマトグラフィー、高速液体クロマ卜グラフィーなどによる分析技術や栄養成分分析の原理を理解し、実践できるようにします。

科目例

  • 食品衛生学
  • 公衆衛生学
  • タンパク質工学
  • 生理活性物質概論
  • 応用微生物学 他

家畜や実験動物について学ぶ

食品・実験動物専門教育系

食品・実験動物専門教育系
実験動物の構造、機能、特性を熟知し、動物福祉に配慮し、その取り扱いに関して職業レベルの手技を身につけます。個々の問題に対して使用する実験動物、実施する実験計画を判断し、実験結果を正しい手法で解析できるようにします。

科目例

  • 実験動物学
  • 実験動物学演習
  • 栄養学
  • 神経科学
  • 免疫学
  • 薬理学
  • 食農フィールド科学演習
  • 家畜飼養学実習 他

生物多様性や環境問題について学ぶ

生物多様性専門教育系

生物多様性専門教育系
系統分類学、生態学、発生生物学についての知識を修得。野生動物、食用動物、実験動物などの共通点・相違点や相互関係を理解し、仕事や研究に応用。生物多様性と地球環境について理解し、研究・保全するための知識と技術を身につけます。

科目例

  • 動物生態学
  • 動物系統分類学
  • 進化生物学
  • 水生動物学
  • 野外調査実習
  • 臨海実習
  • 生物多様性実習 他

実験系

実験系
アニマルバイオサイエンスの発展的な実験手技を実践できるようにします。また、研究に必要な情報を文献調査により入手する方法を理解し、修得した知識と実験手技を用いて卒業研究を行います。

科目例

  • 動物多様性系実験
  • 食品・動物実験系実験 他

専門・総合系

4年次では集大成としての「卒業研究」と「文献調査・講読」を必修として配置し、実社会で活躍するために必要な能力を養います。

科目例

  • 文献調査・講読
  • 卒業研究

STUDENT's VOICE - 研究室を選んだ理由

生物とふれあいながら感覚センサーの謎を解く

田口彩音さん
動物分子生物学研究室 齊藤 修先生
田口 彩音 さん
アニマルバイオサイエンス学科4年次生(滋賀・県立東大津高校出身)
私は将来、動物看護師になるのが夢ですが、もっと視野を広げようと専門学校ではなくこの大学を選びました。そこで2 年次生の時、齊藤先生の神経科学の講義で、味覚を感じる細胞が舌以外に腸や膵臓といった消化器官にもあることを知り、強い関心を抱きました。
味覚などの刺激に応答するセンサーをTRP チャネルとよびますが、その仕組みは未だ謎に包まれています。
先生は、動物が水中から陸上へ分布する進化の過程でTRP チャネルが劇的に変化したと考え、両生類など様々な動物を飼育されています。動物とふれあう機会が多いのも私には利点です。

生物由来で安全無害な接着剤の開発に貢献

田口彩音さん
ゲノム多様性研究室 小倉 淳先生
小森 悠冬 さん
コンピュータバイオサイエンス学科4年次生(岐阜・県立大垣西高校出身)
コンピュータを使った生命情報分析も、生体分子を扱うウェットな実験も、どちらも取り組める場所としてゲノム多様性研究室を希望しました。
現在、小倉先生は、生物由来で安全無害な医療用接着剤の開発をめざしており、僕もこの研究に何らかのかたちで貢献できればと考えています。
研究室では海藻に付着するヒメイカの粘液を扱いますが、僕はヒメイカよりも飼育が容易で、身近な河川で採取できるタニシの粘液に注目しています。タニシは主に捕食時に粘液を使いますが、その成分を分析し、人体に与える影響がないかをまず調べたいと思います。

動物の尊厳を遵守する生物学者をめざして

田口彩音さん
時空動物学研究室 野村 慎太郎先生
塩崎 起央 さん
アニマルバイオサイエンス学科4年次生(兵庫・県立明石北高校出身)
魚の養殖技術を確立するなど、水産学系の研究を志す僕にとって、在学中に実験動物技術者1級の資格を取得できたのはとても有意義なことでした。
動物実験は当然のことながら生きものが相手です。生命倫理の観点からも動物の命の尊厳を守るのは大切なことですが、中でも水産養殖はたった一つのミスでも魚の大量死を招くため、実験には細心の注意が必要です。
野村先生は水産学がご専門ではないですが、失敗を未然に防ぐ実験時のマナーを厳しく指導してくださいます。そのうえで、研究テーマを幅広く尊重してくださる姿勢が決め手になりました。

PICK UP 講義

生体の「生きる仕組み」を物理的な側面から理解する
動物生理学

哺乳類は、体を構成する様々な細胞や器官系を協調的に働かせて複雑な生命活動を営んでいます。これらの生命現象を理解するため、解剖学的知識を基盤に、神経、感覚、骨格、呼吸、消化等の生理現象に焦点をあて、臓器、組織の生理機能を解説します。

動物生理学

毒性物質の影響やその分析方法について学ぶ
食品衛生学

食材には、各種の有害微生物などが混入し、農薬や抗生物質が残留し、さらには食品製造過程で加えられる添加物や加工、保存過程で生成する化学物質も存在します。
食品中の毒性物質を具体的に挙げ、食中毒など生体への影響や、その分析方法などについて解説します。

食品衛生学

ページの先頭へ