×

学長からのメッセージ

サイエンスイノベーションにより
大変革する新時代に活躍できる人材を育成する

長浜バイオ大学 学長 蔡 晃植

蔡晃植学長 長浜バイオ大学は、世界トップレベルのバイオサイエンス研究を通し学術文化の発展に寄与すること、時代を切り開く視野と創造性、高いバイオサイエンスの専門知識と技術力を身に付けた人材を養成すること、地域社会の発展や産業の振興、国際交流の発展に貢献することを目的として2003年に開学しました。長浜バイオ大学は開学以来、高い水準でのバイオサイエンス研究とそれを基盤とした質の高い教育を継続して行い、今日では従来の生命科学分野だけでなく、有機化学、無機化学、物理化学などの化学分野や、創薬、臨床検査学などの医療科学分野、人工知能、ビッグデータ、プログラミングなどのコンピュータ科学分野等を兼ね添えたバイオサイエンスの総合大学として発展することが出来ました。

現代社会では、サイエンスイノベーションと呼ばれる科学分野における技術革新が起きています。ゲノム編集技術を用いた遺伝子の書き換えによる新しい形質を持った生物の作出やiPS細胞などを用いた新しい再生医療、人工知能やビッグデータ解析などのデータサイエンスの発展などは、社会の構造だけでなく人々の社会に対する価値観までも大きく変化させるでしょう。このような変革は、当初の予測よりも早いペースで進んでおり、これからの学生は大変革した社会で活躍しなければいけません。そこで本学では、このような新しい時代に対応できる人材を育成するために、2019年度よりバイオサイエンス学部を全面改組し、臨床検査学コースを含むフロンティアバイオサイエンス学科、メディカルバイオサイエンス学科、アニマルバイオサイエンス学科として再出発しました。この改組では、学科の名称だけが変わるのではなく、教育プログラムも一新されており、それぞれの分野における最先端の知識と技術だけでなく、サイエンスイノベーションの各分野についても詳細に学べるように設計されております。さらに、850時間を超える実験実習やアクティブラーニング、e-ラーニング、チュートリアル教育などの手法も多く取り入れた講義や実習などを取り入れることで、学習効果が高まるように配慮もされております。

長浜バイオ大学は、変貌する時代においても活躍できる人材に成長できる場所であり、皆さまの夢を実現することが出来る場所です。

ページの先頭へ