×

地域社会と連携したキャリア教育

地域の経済界と連携した就業力の育成

主体的に学ぶ力や就業力を身につけるプログラムを通じて、一人ひとりが自らのキャリアプランを構築し、社会観や就業意識の醸成、社会人として必要な基礎力の習得、主体的に進路を選択する能力と態度を育みます。

キャリア教育を通じて身につける力

卒業後の進路をより確かで充実したものとするために、1 年次から就職や将来設計に対する意識づけを行うとともに、社会で生き抜いていくための力や、社会で働くために必要となる力、いわゆる就業力の育成を図ります。

キャリア教育の科目と目的

キャリア教育では、学びの質はもちろん、学びの場づくりが大切です。1 年次には主体的に学ぶ力の基礎となる情報収集と分析の方法、課題発見・解決のための論理的思考力や表現力を身につけます。2・3 年次では就業力を実践的に身につけるためのプロジェクト型の科目を中心に、社会人として活躍するスキルを身につけます。

ページの先頭へ