×

大学案内

長浜バイオ大学でのバイオサイエンスの学び

長浜バイオ大学での成長ロールモデル

長浜バイオ大学での成長ロールモデル
成長を促す教育システム

バイオサイエンスの学びの先にある
活躍フィールド

バイオサイエンスの学びの先にある活躍フィールド

大学・研究機関

研究者

サイエンスイノベーションと呼ばれる科学分野の技術革新が、社会構造だけでなく社会の価値観までも大きく変化させようとしています。こうした中で、新たな知を発見する基礎研究はますます重要性を増しています。大学や研究機関などが主に担う基礎研究の成果が、事業化などの社会実装へとつながります。多くのノーベル賞受賞者が指摘するように、基礎研究を支える人材や資金の整備は急務となっています。

環境・受託研究系

研究員/調査員(環境アセスメント調査員)/環境測定分析士/環境コンサルタント/環境分析技術者

地球環境への関心の高まりから、あらゆる企業が環境に配慮した生産活動を行うことが求められるようになった昨今、環境の分析や検査を行う仕事のニーズも増える一方となっています。建設業や土木関連企業でも、開発前に生態系に及ぼす影響を事前調査することが必須となり、その専門知識を持った人材が求められています。

医薬系

研究開発/製造/品質管理/CRA(臨床開発モニター)CRC(治験コーディネーター)

ゲノム創薬による医薬開発やAIによる患者のビッグデータ分析、遺伝子解析による予防医療、コンピュータを活用した効率的なインシリコ創薬など、人の生命を救う医薬・医療系の仕事は目覚ましい変化の真っただ中にあります。そのため生命科学と情報科学の深い知識と技術を持つ人材が、製薬会社、研究機関、医療機器メーカーなどで求められています。

医療・臨床検査系

臨床検査技師/超音波検査士/細胞検査士/胚培養士/認定輸血検査技師

世界の中でも最も高齢化が進む日本では、今後ますます医療・臨床検査に携わる人々が必要とされます。病気の人を正確に診断し、適切な治療を施すには、身体の情報を数値データや画像で客観的に計測する臨床検査の技術が欠かせません。遺伝子診断や再生医療など先端技術を学んだ人の活躍の場は、病院や医療機器メーカーなど多様に広がっています。

食品・醸造系

企画・開発/製造/品質管理/生産管理/食品衛生管理者

人が生きる上で欠かせない食べ物。それを生産する食品メーカーや醸造メーカーでは、おいしくて健康に良い、安全な商品を生み出すためにバイオテクノロジーを活用しています。微生物の働きを利用する醸造工学を学んだ技術者は、製薬やサプリメントの開発現場でも活躍しており、人々の食の健康の担い手として期待されています。

化学系

研究開発/製造/品質管理

日本が長年得意とするモノづくりにおいて、生産技術の根幹を支える職種のひとつが化学エンジニアです。医薬品や食品メーカーでは生物有機化学やタンパク質工学を活用した新たな製品開発が活発に行われており、多彩な産業で地球の生態に悪影響を与えない、環境に配慮したモノづくりを化学エンジニアが主導しています。

農業・畜産・水産系

企画・開発/品質検査/生産/農業指導員/経営・栽培方法アドバイザー

おいしくて安全で、かつ生態系に配慮した農産物・畜産物・水産物を生産するために、バイオテクノロジーは現在不可欠なものとなっています。収量の高い農産物の生産方法や、それらに含まれる成分分析の手法を学んだ技術者の就職先は、グローバルに事業展開するアグリビジネス企業から公的な分析機関まで多様な領域に広がっています。

IT系

ソフトウエア開発エンジニア/プログラマー/データ解析エンジニア/バイオインフォマティクス技術者

スマートフォンや腕時計型のスマートウォッチなどのウェアラブルデバイスから人々の日々のデータを採取し、健康や医療に役立てる動きが世界中で始まっています。大手IT企業各社も生命科学とコンピュータサイエンス双方の知見を持つ技術者の採用を進めており、ビッグデータを医療に応用できる技術者は、今後世界で最も求められる職業のひとつになると言われています。

バイオサイエンスの学びの領域

バイオテクノロジーの活用は、医療や臨床検査、医薬品の開発や化学産業にとどまらず、環境保全や農業、畜産業、衣食住に関連する商品開発、ITやエネルギー産業にまで広がっています。また、AIの製品開発や業務への活用が進む中で、生命科学と情報科学の両方に深い理解を持つ人材は、幅広い業界から求められています。長浜バイオ大学は、バイオサイエンスの専門知識と技術、AI・データサイエンスの基本を理解し、サイエンスイノベーション時代に活躍する人材を育成します。

バイオサイエンスの学びの領域