×

分子バイオ科学技術領域

博士課程前期課程分子バイオ科学技術領域

高次の生命現象を分子レベルで解析することで、その基本原理や複雑な機能を根本的に理解し、これらをバイオ技術として生かすための教育・研究を行います。

生物の成り立ちを分子レベルで理解するために、遺伝情報の解析とその情報処理技術、ゲノム情報からタンパク質の機能予測およびその医療・創薬への応用技術、プロテオームやメタボロームなどの網羅的解析技術、遺伝子工学やケミカルバイオロジーなどの新しい技術と共に、外国語によるコミュニケーション技術や生命倫理・科学者倫理に関しての教育を行います。

この様な教育・研究を通して、生命現象に関する多くの命題に対して分子レベルでの研究に貢献でき、人類や地球環境のために役立つ応用技術を開発できる人材を育成します。

私の研究

朱耘浩さん

朱 耘浩さん

博士課程前期課程2年

近年、進化分子工学的手法により、抗体と同等の分子認識機能を有する人工的に作られた機能性分子が開発されています。機能性分子は、RNA・DNA・ペプチドのランダム配列から、標的分子に対する親和性を指標に選択されます。構造デザインや化学修飾の容易さ、低い生産コストといった長所とともに、低分子量化合物では難しいタンパク質間相互作用の阻害作用も期待できます。多くの細胞内タンパク質の分解を担うプロテアソームは、近年、多発性骨髄腫治療を中心に抗がん剤標的として注目されています。プロテアソームは巨大なタンパク質複合体で、タンパク質間相互作用の阻害に基づいた阻害剤は創薬戦略上有用と考えられますが、そのような阻害剤の例はほとんどありません。先行研究ではcDNAディスプレイ法(進化分子工学的手法)により20Sプロテアソームを特異的に阻害する人工の機能性ペプチドを探索しました。

私の研究で、この手法により収束した配列は20Sプロテアソームに対し非拮抗阻害作用を示しました。そこで、最も阻害作用の強いペプチド配列に関して有効部位を同定し、阻害作用に重要な構造が8 残基のアミノ酸にあることが分かりました。また、光反応性架橋基を導入したペプチド用いて20Sプロテアソームのどのサブユニットに作用しているかを検証し、相互作用部位と考えられるサブユニットを見出すことができました。今後は、培養細胞での評価系を利用してこれらペプチドの構造活性相関を明らかにすることで、新しいドラックデザインに資する情報を得たいと思っています。

ページの先頭へ