×

自宅通学生と一人暮らしの生活

一人暮らし(下宿生)

清水 哉良 さん
メディカルバイオサイエンス学科3年次生
静岡・県立浜松湖東高校出身

静岡県に実家があり、「自立するなら早いうちに」と両親が後押しをしてくれました。 実家にいた頃から料理はときどき作りましたが、掃除や洗濯はまかせきり。まずは最 初の3カ月、やるべきことを紙に書き出して習慣化するように心がけました。現在は バレーボール部に所属して、運動不足の解消と体力維持に努めています。また、冬は 雪が積もる地域なので、新たな趣味にスノーボードが加わりました。将来は製薬会社 の研究員を第1志望に大学院への進学を考えており、TOEICの勉強を始めています。

清水哉良P

清水哉良TL

遠方通学(自宅生)

野口 由稀 さん
アニマルバイオサイエンス学科3年次生
京都・私立京都橘高校出身

奈良市から通っています。在来線で約2時間半、京都~米原駅間で新幹線を利用すれば1時間40分。帰りは少し遅くなりますが困ったことは特になく、電車の中で課題をしたり、本を読んだりしています。そもそも私は動物が大好きでこの大学を選びましたが、2年次後期の実験でマウスの受精卵を培養し、そこで不妊治療をサポートする胚培養士の仕事にも興味を持つようになりました。動物のことだけでなく、生き物を軸としてさまざまな知識や技術を得られるところが本学の魅力だと思います。

野口由稀P

野口由稀TL