×

研究活動

細胞生理学研究室

抗がん剤コレステロール輸送機構

エンドソームとミトコンドリアの接近すべての細胞には、機能分子を選別して、その分子が機能する場所にまで輸送するシステムが備わっています。研究室では、その細胞内での物質輸送の分子機構のメカニズムについて探索しています。主に、抗がん剤ドキソルビシン排除機構の解析と、コレステロール輸送機構の解明をテーマに据え、研究を進めています。

[卒業研究テーマ例]
  • 薬剤耐性細胞を用いたドキソルビシン排出に伴うオートファジー関連因子Atg5の関与
  • エンドソームタンパク質MLN64ノックダウン細胞を用いた低密度リポタンパク質LDLの細胞内輸送の解析
奈良篤樹先生

奈良 篤樹 准教授

  • 博士 (理学) (総合研究大学院大学)
  • 奈良先端技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士前期課程修了・総合研究大学院大学生命科学研究科博士後期課程修了
専門分野 細胞生物学