×

研究活動

教員の紹介(奈良 篤樹)

メディカルバイオサイエンス学科

奈良 篤樹(なら・あつき)
Atsuki Nara

専門分野/細胞生物学
研究キーワード/抗がん剤、コレステロール輸送機構

職位:准教授
学位:博士(理学)(総合研究大学院大学)

  • 奈良先端技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士前期課程修了・総合研究大学院大学生命科学研究科博士後期課程修了
  • 国立遺伝学研究所、科学技術振興事業団の研究員を経て本学へ

研究室紹介
研究室ホームページ

研究テーマ

(1) エンドソームから出発する物質輸送制御機構の解析
(2) Multivesicular Endosome形成機構の解析
(3) 抗がん剤ドキソルビシン耐性機構の解析

 すべての細胞には、機能分子を選別し、その分子が機能する場所にまで輸送するシステムが備わっている。特に、真核細胞には脂質二重膜に囲まれた数多くのオルガネラが存在し、個々のオルガネラが独自の機能を営んでいるため、それぞれのオルガネラに必要な分子が、そのオルガネラ独自のシステムで輸送される。本研究では、管状および空胞状の形態を併せ持つ膜オルガネラであるエンドソーム系がどのように形成され、そこから物質がどのように出発していくのかを分子解剖する。なかでも、後期エンドソームに見られる内部小胞の形成に至る巧妙な膜形態変化に興味を持って研究を行っている。一方、抗がん剤として利用されているトポイソメラーゼⅡ阻害剤ドキソルビシンに抵抗性を示す細胞が数多く知られているが、その詳細な分子メカニズムには不明の部分が多い。細胞外にドキソルビシンが排出されるまでの過程で、エンドソーム系を含む膜系の関与が示唆されており、本研究ではドキソルビシンに対する細胞耐性とエンドソーム系との関係詳細を解析し、エンドソーム系の生理的役割に迫る。

研究の応用領域 産官学連携で求めるパートナー
遺伝性疾患や代謝性疾患の病因解明 国、大学、研究所、バイオ系企業
Topics of research

Activities
1. Membrane traf f icking toward the lysosomes
2. Biogenesis of endosomal multivesicular bodies
3. Targeting multidrug resistance


Eukaryotic cells are elaborately subdivided into functionally distinct, membrane-enclosed compartments. Such compartments, organelles, contain its own characteristic and specialized set of molecules, and complex distributions are maintained by membrane traf f ic from one compartment to another. In our research group we are interested in the regulation of the endocytic traf f icking of the molecules, and biogenesis of endocytic compartments. Following endocytosis, signaling receptors are incorporated within intraluminal vesicles of forming multivesicular endosomes. We have been studying the function of the AAA-type ATPase SKD1 in the intraluminal vesicle formation. Our current activities include the mechanisms of rapid doxorubicin ef f lux from the nucleus to the lysosomes.

主な業績論文等
  1. Ishikawa k, Nara A, Matsumoto K, and Hanafusa H. EGFR-dependent phosphorylation of leucine-rich repeat kinase LRRK1 is important for proper endosomal traf f icking of EGFR. Mol. Biol. Cell, 23, 1294-1306, (2012)
  2. Hanafusa H, Ishikawa K, Kedashiro S, Saigo T, Iemura S, Natsume T, Komada M, Shibuya H, Nara A, Matsumoto K. Leucine-rich repeat kinase LRRK1 regulates endosomal traf f icking of the EGF receptor. Nat. Commun., 2. doi:10.1038/ncomms1161 (2011)
  3. Jae-Hyuck Shim, Changchum Xiao, Matthew S. Hayden, Ki-Young Lee, E. Sergio Trombetta, Marc Pypaert, Atsuki Nara, et al. CHMP5 is essential for late endosome function and down-regulation of receptor signaling during mouse embryogenesis. J. Cell Biol., 172, 1045-1056 (2006).
  4. Fujita H, Yamanaka M, Imamura K, Tanaka Y, Nara A, et, al. A dominant negative form of the AAA ATPase SKD1/VPS4 impairs membrane traf f icking out of endosomal/lysosomal compartments: class E vps phenotype in mammalian cells.. J. Cell Sci., 116, 401-414 (2003).
  5. Nara A, Mizushima N, Yamamoto A, Kabeya Y, Ohsumi Y, Yoshimori T. SKD1 AAA ATPase-dependent endosomal transport is involved in autolysosome formation. Cell Struct. Funct., 27, 27-37 (2002).