×

研究活動

数理情報可視化研究室

SOM解析進化型知能エンジン

超並列プログラミング群知能ロボット大規模ゲノム解析における超並列プログラミング、小型の自律型ロボットの電子工作やAI エージェント化、生きた昆虫の神経系の行動制御など、さまざまな実験や研究開発を行っています。バイオ系の大学でありながら情報系や機械工学系のテーマも選択でき、先端的なプログラミング技術を身につけることが可能です。

[卒業研究テーマ例]
  • シングルボードコンピュータを使ったクラスターマシンの構築
  • 機械学習による小型ロボットの適応的行動制御機構の研究
  • 機械学習を用いたビッグデータの解析及び可視化システムの構築
和田健之介先生

和田 健之介 教授

  • 修士 (理学) (京都大学)
  • 京都大学大学院理学研究科生物物理学専攻修士課程修了
専門分野 AIゲノム解析、進化型知能バイオロボティクス