×

学生生活

2021年度学生チューター研修を実施しました

2021年4月入学の新入生をサポートする学生チューター(通称・ぴあサポ)の活動がスタートしました。

学生チューター制度は、スムースに大学生活を送れるように先輩学生が1年次生をサポートする制度です。応募・選考を経て選ばれた2021年度のぴあサポ30名は、2~3月に数回の研修を受けたうえで、4月から新入生に向き合います。2月8日に顔合わせと学内でのワーク、10日に彦根市荒神山自然の家でアドベンチャー活動を通じた研修を実施しました。

学内でのワークは自己紹介や互いを深く知るアクティビティーでコミュニケーションをとった後、それぞれのチューター像について話し合うグループワークを行いました。ぴあサポ同士の連帯感が生まれ、相手を受け入れながら自分も動くという意識が高まったようです。

彦根市荒神山自然の家では、課題解決型体験学習法のひとつである「プロジェクトアドベンチャー」活動を行いました。さまざまなゲームや野外でのアクティビティを通じて、仲間と協力しながら目標を達成することで、仲間との信頼を深め、目標や意見を共有することの大切さを学びました。

参加したぴあサポからは「中身の濃い、楽しい時間でした!」「学んだことを新入生の対応に生かしたい」「チューター活動にぴあサポ同士の繋がりは重要だと思うので、研修はいいきっかけになりました」などのコメントが寄せられました。

研修は3月にも3回実施し、コロナ禍であっても春からチューター活動できるようなオンライン研修や、対面型研修などハイブリッド形式で準備を進めています。日々成長するぴあサポたちの活躍にご期待ください。