×

研究活動

進化多様性生物学研究室

進化・多様性フィールド研究ゲノム

進化多様性生物学研究室生物多様性が生じた要因・メカニズムを解明する進化研究と、分類・生態など動物の自然史に関する研究を行っています。生物間相互作用・集団・個体・分子と、すべての生物階層を扱います。現在の主な研究テーマは、「カエル糊の進化」と「ヘビからカエルへの遺伝子水平伝播の研究」です。(図は糊で接着しているフクラガエルの雌雄)。

[卒業研究テーマ例]
  • 幻の魚「シロヒレタビラ」の発見を目的とした環境DNA手法の確立
  • 最も美味しいと言われる「イワトコナマズ」の人工繁殖法の確立と発生段階の観察
  • カエル糊成分の解析:糊に糖分は含まれているのか?
  • 脊椎動物間水平伝播最終仲介ウィルスの探索
倉林敦先生

倉林 敦 准教授

  • 博士(理学)(筑波大学)
  • 筑波大学大学院生物科学研究科博士課程修了

専門分野 系統学、分子遺伝学