×

研究活動

⽣体防御学研究室

自然免疫食細胞炎症

ペプチド科学体内に侵入した病原体に最前線で立ち向かうのが好中球です。白血球の一種で生体防御に欠かせない役割を担う一方、過剰に働くと自らの組織も傷つけてしまうため、功罪併せ持つ存在といえます。好中球の働きとそれを制御する生体の多彩な仕組みの解明に取り組んでいます。病気の治療などに伴って低下した好中球の働きを高め、あるいは逆に過剰な働きを抑えることによって、感染症や炎症性疾患の治療応用に貢献したいと思っています。

伊藤洋志先生

伊藤 洋志 准教授

  • 博士(人間健康科学)(京都大学)
  • 東京医科歯科大学大学院医学系研究科保健衛生学専攻博士前期課程修了
専門分野 生体防御学、臨床検査学