×

研究活動

臨床微生物学研究室

薬剤耐性菌感染制御抗菌薬適正使用薬剤感受性検査

薬剤耐性菌の出現と蔓延が世界的な問題になっています。新規の抗菌薬開発が停滞している現状で、耐性菌の伝播を防ぐための対策や抗菌薬の効果的かつ経済的な使用が求められています。同定検査や薬剤感受性検査、遺伝子検査を組み合わせて確実に耐性菌を検出すること、臨床医に対して病原性や治療薬の選択につながる情報が体系的に報告できることを目指しています。

小森 敏明 先生

小森 敏明 教授

  • 博士(医学)(京都府立医科大学)
  • 立命館大学二部理工学部基礎工学科卒業、京都府立医科大学第一生理学教室研究生・学位取得
  • 京都府立医科大学附属病院臨床検査技術課技師長
専門分野 臨床微生物学、臨床検査学