×

研究活動

発生遺伝学研究室

メダカ多様性性決定性転換

メダカメダカは日本在来の野生動物であり、東南アジアには近縁種が30 種以上分布しています。また、メダカは生物学のさまざまな分野で利用されてきたモデル動物でもあります。研究室では、これらさまざまなメダカを使って、種内や種間における系統分化と、それに伴う性染色体や性決定遺伝子の進化について研究しています。

[卒業研究テーマ例]
  • メダカ近縁種における新規性決定遺伝子の機能解析
  • メダカ異種間における雑種性転換機構の解明
  • 滋賀県内の野生メダカにおける系統地理解析
竹花佑介先生

竹花 佑介 准教授

  • 博士(理学)(新潟大学)
  • 新潟大学大学院自然科学研究科生物圏科学専攻博士後期課程修了

専門分野 遺伝学、発生生物学、系統学