×

研究活動

生物情報解析学研究室

タンパク質構造予測機能予測3Dプリンタバーチャルリアリティ

3Dプリンタバーチャルリアリティ新しい薬を設計するには、タンパク質の立体構造の理解が欠かせません。研究室では、立体構造に関するさまざまな情報をコンピュータで解析。3D プリンタの活用や、バーチャルリアリティ上でタンパク質や化合物を操作できるソフトウェアの開発も行いながら、タンパク質複合体の立体構造予測や機能予測に挑戦しています。

[卒業研究テーマ例]
  • ランダムフォレストを使った金属イオン結合部位の予測
  • 3Dプリンターを用いたタンパク質複合体の結合を直感的に理解できる分子モデルの作製
  • Virtual Realityを用いたタンパク質の初期段階学習ソフトの開発
塩生真史先生

塩生 真史 准教授

  • 博士 (理学) (名古屋大学)
  • 名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了
専門分野 構造情報生物学