×

インフォメーション

夏期休暇中の新型コロナウイルス感染症リスク回避に配慮した行動のお願い

2020年8月7日

学生の皆さんへ

長浜バイオ大学 学長 蔡 晃植

夏期休暇中の新型コロナウイルス感染症リスク回避に配慮した行動のお願い

2020年度前期は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により多くの講義や実習をWEB動画の視聴という方法で受講していただくことになりました。学生の皆様には無理をお願いすることになりましたが、どうにか前期に予定されているほぼ全ての教科についてその教育目標を達成しうる講義と実習が出来たのではないかと思います。これも、学生や教職員の皆様の多大なるご尽力と協力によるものだと感謝しております。
後期につきましては、実習や講義については一部対面形式で行い、これにWEB動画を併用することで、各学生に対する教育目標を高いレベルで達成できるようにしたいと考えております。しかし、新型コロナウイルス感染症が本学の学生や教職員にも広がり、社会においてもより深刻な状況になれば、全面的にWEB動画講義に切り替えることも必要となります。そのため、学生の皆様には夏期休暇中における自身の行動に責任を持ち、より一層、新型コロナウイルス感染症への対策を徹底していただきたいと思います。

1.日常生活においては、手指消毒、マスク着用、他者との身体的(社会的)距離の維持に引き続き留意してください。

2.夏期休暇中での実家への帰省は制限しませんが、感染拡大地域などへの帰省は可能な限り避けてください。帰省する場合は、以下の感染予防対策を徹底してください。
(1)実家や自宅等において多人数で食事をする場合、可能な限りたがいちがいに座って換気に気を付けてください。
(2)食事の時以外は十分な距離をあけて会話を行い、距離がとれない場合は室内でもマスクを着けて会話をしてください。
(3)発熱、咳、味覚異常、下痢、強い倦怠感などの症状がある場合は、帰省を控えてください。症状が続くようでしたら、「帰国者・接触者相談センター」か地域の保健所に連絡をして指示を仰いでください。
(4)帰省先に高齢者がおられる場合は極力接触をさけ、接触する場合は最大限の感染拡大防止に努めてください。

3.不特定多数での会食や健康が担保できない方との飲食を伴う会合などには極力参加しないようにしてください。

4.感染者が多数確認されている県や都市等への外出については極力控えてください。また、感染拡大防止の対策がとられていないお店等の利用は控えてください。

5.夏期休暇中に研究等のために大学に来る場合は、検温を行い体調に異常がないことを確認の上、感染防止対策を徹底してください。

6.夏期休暇中に自身が新型コロナウイルス感染症に罹患したり、濃厚接触者と認定された場合は、保健所や行政の指示に従うと共に、必ず大学学生担当に連絡を入れてください。

【連絡先】
電話:0749-64-8100
メール:gakusei@ml.nagahama-i-bio.ac.jp
※8/13から8/18までの期間は以下の連絡先になります。
電話:0749-64-8134(中央監視室)

以上