×

インフォメーション

コロナウイルス感染症の影響を受けた学生に対する経済支援策

コロナウイルス感染症の影響を受けた学生に対する経済支援策

2020年6月15日

1.長浜バイオ大学の支援
家計急変奨学金・学費支援奨学金とも、2020年度前期の申請期間は6月22日(月)~6月26日(金)※両奨学金とも、学生担当で同時受付。併願可能。併用不可。申請方法や申請書類などの詳細に関してはmanabaの【○年次全体】のコースニュース 6/15付を確認してください。

(1)長浜バイオ大学 家計急変奨学金
<概要>
・給付金額:上限30万円(年間1回限り給付。返還の必要はありません。)
・募集人数:前後期各5名程度  ・選考:書類選考のみ
<主な申請資格>
・長浜バイオ大学入学以降に家計急変となった学生(家計支持者の離別、失職、大幅な収入の減少など)、成績基準あり。
<給付時期>
・7月末予定

(2)長浜バイオ大学 学費支援奨学金
<概要>
・給付金額:20万円
(年間1回限り給付。4か年で最大4回の受給可能。返還の必要はありません。)
・募集人数:前後期各7名程度  ・選考:書類審査(1次)、面接審査(2次)
<主な申請資格>
・日本学生支援機構等の奨学金を利用している学生、家計基準は第一種奨学金の採用基準に基づく、成績基準あり。
<給付時期>
・7月末予定

(3)長浜バイオ大学 授業料の納付猶予・延納
申込・問い合わせ先:本学学生担当
※延納期日(7月31日)までの納入相談を受付けています。

2.その他の公的支援制度
(1) 高等教育修学支援新制度(授業料等減免・給付型奨学金)
新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援
申込・問い合わせ先:本学学生担当(本学を通じて日本学生支援機構に申込み)
※対象となるか否かは、減少後の収入予測を用いて進学資金シミュレーターで大まかに確認できます。
【参考URL】日本学生支援機構ホームページ(外部サイトへリンクします。)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html
【参考URL】日本学生支援機構ホームページ(進学資金シュミレーター)(外部サイトへリンクします。)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

(2) 「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』(アルバイト等の収入が激減した学生対象)
≪第1次募集受付終了≫申込・問い合わせ先:本学学生担当(本学を通じて日本学生支援機構に申込み)
概要:新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、世帯収入の減少やアルバイト収入の減少などにより、学生生活の継続に支障をきたす学生等を対象に、給付金を支給する制度です。
【参考URL】文部科学省ホームページ(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』ウェブサイト)(外部サイトへリンクします。)
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00686.html
※追加募集があった場合は、manabaのコースニュースにて通知します。

(3) 日本学生支援機構の貸与型奨学金(無利子・有利子)
申込・問い合わせ先:本学学生担当(本学を通じて日本学生支援機構に申込み)
概要:日本学生支援機構の貸与型奨学金では、第一種(無利子)奨学金および第二種(有利子)奨学金による支援があります。貸与額は選択可能です。通常、前年度の収入金額等により審査を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合には、家計急変後の収入見込みにより審査されます。家計急変の対象とならない方についても、在学採用(4月~6月)に申込むことで支援が受けられます。(家計急変の採用は随時)
第一種奨学金は月額2~6.4万円(自宅・自宅外、学校種ごとで貸与月額は異なります。)、第二種奨学金は月額2~12万円(貸与利率:[利率見直し方式]0.002%、[利率固定方式]0.070%(令和2年3月貸与終了者の場合)から貸与金額を選択できます。新制度よりも幅広い所得の世帯の方が対象となります。
【参考URL】日本学生支援機構ホームページ(外部サイトへリンクします。)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html
【参考URL】日本学生支援機構ホームページ(進学資金シュミレーター)(外部サイトへリンクします。)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

(4) 生活福祉資金貸付金(緊急小口貸付等の特例貸付)
申込・問い合わせ先:お住まいの市区町村の社会福祉協議会等(または全国の労働金庫)
概要:新型コロナウイルス感染症の影響により、収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯の方に対し、無利子・20万円以内で貸付を行う制度です。
【参考URL】社会福祉法人全国社会福祉協議会ホームページ(外部サイトへリンクします。)
https://www.shakyo.or.jp/
【参考URL】滋賀県社会福祉協議会ホームページ(外部サイトへリンクします。)
http://www.shigashakyo.jp/emergency/20200501-1126/

(5) 生活福祉資金貸付金(教育支援資金)
申込・問い合わせ先:お住まいの市区町村の社会福祉協議会
概要:低所得世帯を対象として、大学等に修学するために必要な経費について、無利子・月6.5万円以内(大学の場合)で貸付をうけられる制度です。また、入学に際し必要な経費について、50万円以内でまとまった額の貸付も行っています。

(6) 母子父子寡婦福祉貸付金(就学支度資金・修学資金)
問い合わせ先:お住まいの都道府県・指定都市・中核市の福祉事務所等のひとり親世帯関係施策担当
概要:母子・父子・寡婦家庭の方が、
〇就学するために必要な受験料、被服費等に必要な資金に充てる資金として、無利子・59 万円以内(私立大学の場合)
〇大学等に就学するための授業料、書籍代、交通費、生活費等に必要な資金に充てる資金として、無利子・月14.6万円以内(大学で自宅外通学の場合)で貸付を受けられる制度です。
申込時期:随時