×

地方の職を支える人材育成

地元産業界等との地域の課題解決に向けた連携事業の実施

長浜魅力づくりプロジェクト

i.連携している地元産業界等の組織名称

長浜市北部振興局地域振興課、長浜市市民協働部市民活躍課、合同会社MediArt、ブックカフェすくらむ、あいたくて書房、NPO法人花と観音の里

ii.当該連携事業における地域の課題、その課題解決に向けて設定した目標

地域課題:
人口減少に悩む長浜市では、平成27年度から地域おこし協力隊の制度を活用し、地域力の維持・強化の担い手となることが期待される協力隊員の受入れを進めてきた。しかし、地縁のない地域おこし協力隊員が受入地域にスムーズに溶け込み、行政に課された地域課題の解決に力を発揮していくためには、隊員個人の努力だけでは乗り越えることの困難な問題が生じている。
設定目標:
地域おこし協力隊員が地域力の維持・強化の担い手として力を発揮し、任期後の定住に結び付いていくためには、本人の努力に加え、行政の支援のあり方が重要となる。そこで課題解決のために必要な行政の支援のあり方を明らかにすることを目標とした。

iii.iiの課題の解決に向けて実施する取組の内容

長浜における地域おこし協力隊の現状と課題に関する認識について、行政の担当者と隊員及び隊員経験者に加え、隊員の受入地域の関係者にもインタビューした。その結果、3者間の認識のズレから行政の採るべき支援を明らかにし、行政への提言を行った。

地元産業界等と連携した実践的PBLを含む授業科目等の開講の実施

マーケティング戦略の立案Ⅱ

i.連携している地元産業界等の組織名称

一般社団法人バイオビジネス創出研究会、株式会社プロクルー

ii. 当該授業等を実施する学部・学科

バイオサイエンス学部バイオサイエンス学科、アニマルバイオサイエンス学科、コンピュータバイオサイエンス学科

iii.当該授業等を開講する目的

情報を収集して現状を分析し、そこから課題を設定して、解決策を探っていくという論理的思考のプロセスが、実際のサービス業の企業でどのように実施されているのかを、リアルなマーケティング課題の演習を通じて、学ぶことを目的とする。

iv.当該授業の具体的な内容

授業の前半では、企業がどのようなやりかたで課題の解決策を探り、それを戦略や戦術に結びつけているのかについて様々なケースを元に見ていく。後半では、企業の実際の製品やサービスを題材として、経営環境分析を行い、ブランド戦略や集客戦略などを立案する。今年度は、株式会社プロクルーのドローンを用いたサービス事業を題材とした。