学びの領域、取得可能な資格、主な就職先

情報科学で生命システムを解き明かす

生命情報科学は、今後の生命科学の最先端を切り開く、新しい学問として期待されている学問領域です。個別の遺伝子やタンパク質を解析するだけでなく、それらが相互作用して構築される生命システムを、実験科学とコンピュータを使った情報科学で解き明かしていきます。
アニマルバイオサイエンス専門教育プログラム

2つのプログラムで情報処理や
データ解析の視点からバイオ医療分野を学ぶ

「情報生物学専門プログラム」では遺伝子解析、ゲノム解析、生体高分子解析などの知識と技術を修得し、「医療情報技術専門プログラム」では医療IT産業などで活用できる高度なプログラミング技術やデータベース技術、コンピュータグラフィックスの知識と技術を修得します。 また、今、最も注目されている遺伝子情報や電子カルテの医療情報などのビッグデータを解析する技術を修得することもできます。

タカラバイオ株式会社との連携

・タカラバイオ連携大学院を開設し、大学院生の教育・研究指導を共同して実施しています。 ・コンピュータバイオサイエンス学科の白井剛教授と小倉淳准教授はそれぞれ、タカラバイオ株式会社と共同研究や連携大学院での学生指導を推進しています。

新学部開設で滋賀大学に協力

・ビッグデータ活用人材養成を目的に新設予定の滋賀大学データサイエンス学部に、コンピュータバイオサイエンス学科の白井剛先生が特別招聘教授として協力しています。

01_2_5_1d

主な就職先 (50音順/敬称略)

  • (株)アールシーエス
  • (株)アクトインフォメーションサービス
  • 新木産業(株)
  • アンドール(株)
  • インフォコム(株)
  • (株)エス・アール・アイシステムズ
  • エンゼルプレイングカード製造(株)
  • オージー技研(株)
  • 喜楽鉱業(株)
  • 湖南精工(株)
  • (株)サンソウシステムズ
  • シミック(株)
  • (株)三和化学研究所
  • (株)CIJ
  • (株)ソフトウェア・サービス
  • (株)テクノアスカ
  • 東亜新薬(株)
  • 日本ステリ(株)
  • (株)日立ソリューションズ
  • (株)ファルコバイオシステムズ
  • フェンリル(株)
  • 福地製薬(株)
  • 藤本製薬(株)
  • (株)平和堂
  • 星野科学(株)
  • 農業協同組合
  • (株)ミエデンシステムソリューション
  • 明治安田生命保険(相)
  • ムラタシステム(株)
就職先一覧

取得可能な資格

  • [国]ITパスポート
  • 医療情報技術者
  • バイオインフォマティクス技術者
  • [国]情報処理技術者
  • 統計検定
  • TOEIC

※[国]は国家資格

各資格の取得の要件については、「本学でチャレンジできる資格」を参照してください。

カリキュラムポリシー

本学科では、 生物医療情報学を学び、とりわけ情報処理やデータ解析の視点から、医薬・ 医療、食糧、環境、情報等の分野で社会に貢献できる研究者、技術者、データサイエンティスト、実務者等を育成することを、教学の目標に据えています。

Ⅰ 生物医療情報学を学ぶ上で、コンピュータを使いこなす能力の育成は必須です。そのため、1年次から2年次まで、コンピュータの基本操作、プログラミング、データベース、バイオインフォマティクスなどの情報実習を必修科目として配置します。

Ⅱ 加えて、バイオサイエンスの基礎知識・技術を修得するために、1年次から2年次まで必修科目としてバイオサイエンス実験・演習科目を履修します。

Ⅲ これらの講義と実験・実習を通じて、コンピュータとバイオの両方に精通した人材を育成します。

Ⅳ 同時に、次のような特色を持った講義と実習により、大学院への進学力やさまざまな職業分野への就業力を高めます。

  1. 初年度から専門分野の各論教育を行います。
  2. 2年次後半からは「情報生物学専門プログラム」と「医療情報技術専門プログラム」に分けて、専門的な教育を行います。
  3. 医薬・医療などに関連する講義を行います。
  4. 3年次後期から研究室に配属し、専門的な研究・演習を行います。
ページの先頭へ