×

研究活動

胚性遺伝子の活性化に関わるタンパク質を発見

Duxと複数のDuxパラログが胚性遺伝子の活性化に関与することを発見しました。マウスの受精卵において、転写因子Duxとそのパラログが発現し、2細胞期で生じる胚性遺伝子の活性化に関与することを明らかにしました。

Expression of Dux family genes in early preimplantation embryos.

本本学の中村肇伸教授らによる研究成果が、東京大学の青木不学教授との共同研究としてScientific ReportsのVol. 10, Article number: 19396に掲載されました。