×

研究活動

極貧栄養環境で生きる緑のラッパムシ、細胞内に大量のデンプン粒を貯蔵

共生する緑色藻が光合成を担い、宿主繊毛虫がデンプンを貯蔵: 植物様のストラテジーで純水並みの超貧栄養環境に適応するラッパムシ Stentor pyriformisを報告しました。

Characterization of a green Stentor with symbiotic algae growing in an extremely oligotrophic environment and storing large amounts of starch granules in its cytoplasm

本学の保科 亮助教と奈良女子大、法政大、神戸大のグループによる共同研究の成果が、Scientific Reports(Article No. 2865)の2021年2月3日版にオンライン掲載されました。