×

研究活動

植物環境細胞生化学研究室

遺伝子組み換え植物細胞内小器官

遺伝子組み換え植物植物は常に変化する生育環境に適応しながら生きています。なかでも、種子にはタンパク質や脂質、デンプンなどを貯蔵する特殊な細胞内小器官が存在し、それが環境適応を支える重要なメカニズムを担っています。研究室では、このユニークな仕組みの解明に挑戦し、細胞内小器官の機能を強化した植物の開発をめざしています。

[卒業研究テーマ例]
  • 植物における脂質やデンプンの蓄積・分解機構とその制御
  • 植物タンパク質の細胞内輸送機構に関わる遺伝子の同定と機能解明
  • 植物オルガネラの機能発現制御機構
林誠先生

林 誠 教授

  • 農学博士 (名古屋大学)
  • 名古屋大学大学院農学研究科博士後期課程修了
専門分野 植物生理学、細胞生化学