×

ダイズの油の品質と収量を向上させる新たな仕組みの発見

基礎生物学研究所の金井雅武研究員、真野昌二准教授、西村幹夫名誉教授(現・甲南大学)、北海道大学の山田哲也講師、長浜バイオ大の林誠教授の研究グループによる研究成果が、「Scientific Reports」(2019年6月20日付)に掲載されました。

論文のタイトルは、「Soybean (Glycine max L.) triacylglycerol lipase GmSDP1 regulates the quality and quantity of seed oil」で、油脂を分解する酵素のリパーゼであるGlycine max SUGAR DEPENDENT-1 (GmSDP1)が、ダイズ油脂の品質と収量をコントールしていることを明らかにしました。この研究成果は、植物種子における油脂合成・分解メカニズムの解明につながるだけでなく、高付加価値の作物を生み出す新たな方法として期待されます。

詳しくは基礎生物学研究所のプレスリリースをご覧下さい。

プレスリリース(2019年6月19日・基礎生物学研究所)

ページの先頭へ