×

キンギョの全ゲノム配列の解読に成功し脊椎動物の進化の謎に迫る

大森義裕教授(当時大阪大学蛋白質研究所・分子発生学研究室准教授)らの研究グループは、米国国立衛生研究所(NIH)、国立遺伝学研究所、愛知県水産試験場内水面漁業研究所と共同で、キンギョの全ゲノム配列を世界で初めて解読し、キンギョの祖先種のゲノムが約1400万年前に全ゲノム重複により倍加したこと、倍加した遺伝子群の一部が進化の過程で淘汰されたり、新たな発現パターンを獲得したりする様子を明らかにしました。

論文のタイトルは、「De Novo assembly of the goldfish (Carassius auratus) genome and the evolution of genes afterwhole genome duplication」で、この研究成果は、2019年6月27日午前3時(日本時間)に米国科学誌「Science Advances」(オンライン)に掲載されました。この研究成果は、ヒトを含む脊椎動物の進化や「体の形づくり」の仕組みの解明、新たなキンギョ品種の作出、ヒト疾患の発症機構の解明への貢献が期待されます。

詳しくは大阪大学のホームページ(https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2019/20190627_1)をご覧下さい。

ページの先頭へ