×

法人紹介

内部質保証

長浜バイオ大学の内部質保証について

長浜バイオ大学の建学の精神、アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシーおよび各種方針を具現化するために、恒常的・継続的な改善を目的とした内部質保証システムを定める。

1. 内部質保証の方針

長浜バイオ大学には、世界トップレベルのバイオサイエンス研究を基盤として、時代を切り開く視野と創造性、高いバイオサイエンスの専門知識と技術力を身に付けた世界に通用する人材の養成が求められている。このような要求に応えていくためには教学・教育の内部質保証が特に重要となることを意識し、本学独自の内部質保証システムを構築する。この内部質保証システムは、その有効性を担保するため、多重階層的なPDCAサイクルを基本とし、各階層の役割と権限を明確に定める。

2. 内部質保証システム

1)全学内部質保証推進組織の権限と役割

全学レベルでの内部質保証の効果的な推進を担保するための学部・研究科、その他組織における教育活動プロセスのマネジメントについては、学長協議会がこの任を担う。

学長協議会は、学部教学検証委員会と大学院教学・研究検証委員会から報告された学部および研究科の教学・教育システムの検証方法やその検証結果が適切であるかどうかを検討し、この検証結果に基づいた改善と次年度の教学・教育計画案の策定をそれぞれ対応する各委員会に依頼すると共に、策定された改善案について検証する。また、全学内部質保証推進組織としての学長協議会の活動の有効性と改善の必要性についても自己点検・評価を行う。このようにして行われた検証結果に基づいて、全学レベルでの内部質保証のための教学マネージメントの目標・計画のアウトラインについて学長協議会で設定し、これを学部教学・教育システムと研究科教学・教育システムに答申する。学長協議会では、制定された目標や具体的改善案が効果的に実行されるために必要な措置を継続的に講じることと、進行状況を正確に把握することによって、長浜バイオ大学のアドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシーを具現化し、有効性の高い内部質保証を担保する。検証結果の検討や目標・計画のアウトライン設定については、学科長および学長が必要と認めた教員および職員を加えた拡大学長協議会で行うものとする。

2)学部および研究科における教学・教育システムの組織と役割

バイオサイエンス学部と大学院バイオサイエンス研究科における教学・教育システムを検証し、教学マネジメントに係わる目標・計画の設定と効果的な計画実行を担保するため、学部教学・教育システムと研究科教学・教育システムというPDCAサイクルを設置する。この学部教学・教育システムと研究科教学・教育システムでは、学部の教学・教育および大学院の教学・教育に関与する委員会(教務委員会、学生支援委員会、学部FD委員会、アドミッションオフィス委員会、大学院教務企画委員会、大学院入試委員会、大学院FD委員会、研究政策委員会等)がそれぞれIR室からの関連データや自己活動によって得られたデータなどを活用し、毎年度各委員会の自己点検評価を行い、その検証結果を学部については学部教学検証委員会に、大学院については大学院教学・研究検証委員会にそれぞれ報告する。学部教学検証委員会と大学院教学・研究検証委員会では報告された内容を検証・評価した上で教学・教育に関する年度計画の策定と実行に関する意見を添えて、全学内部質保証推進組織である学長協議会に報告する。次に、学長協議会から示された検証結果と計画・目標のアウトラインに基づいて、対応する各委員会で早急に検討し、それぞれ改善と計画案を策定し、学長協議会に報告する。学長協議会で有効性が確認された改善案と計画案を教授会・研究科委員会に報告することで、改善案と計画案を確定および実行し、有効性の高い内部質保証を担保する。学部教学検証委員会と大学院教学・研究検証委員会における自己点検評価については年度内に終了する。

3. 内部質保証のための検討課題

学部教学・教育システムと研究科教学・教育システムという各PDCAサイクルにおいては、主に以下の項目について検討を行う。

① 教育の企画・設計について:アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシーの制定とそれに基づく教育の体系化
② 教育の運用:アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシーに即した教育活動の展開
③ 教育の検証:教育活動の有効性の検証(自己点検・評価)
④ 教育の改善・向上:検証結果を踏まえた改善案の策定、および実行

内部質保証推進システムの概念図[PDF]

学部教学・教育システムの運用概念図[PDF]

研究科教学・教育システムの運用概念図[PDF]