×

分子バイオ科学技術領域

博士課程前期課程分子バイオ科学技術領域
教育課程編成・実施方針 (カリキュラムポリシー)

高次の生命現象を分子レベルで解析することで、その基本原理や複雑な機能を根本的に理解し、これらをバイオ技術として生かすための教育・研究を行う。

生物の成り立ちを分子レベルで理解するために、遺伝情報の解析とその情報処理技術、ゲノム情報からタンパク質の機能予測およびその医療・創薬への応用技術、プロテオームやメタボロームなどの網羅的解析技術、遺伝子工学やケミカルバイオロジーなどの新しい技術と共に、外国語によるコミュニケーション技術や生命倫理・科学者倫理に関しての教育を行う。

この様な教育・研究を通して、生命現象に関する多くの命題に対して分子レベルでの研究に貢献でき、人類や地球環境のために役立つ応用技術を開発できる人材を育成する。

私の研究

西川紗織さん

西川 紗織さん

博士課程前期課程2年

近年、医薬品の中でも抗体医薬が注目を集めています。抗体は、抗原に特異的に結合する性質から治療用や診断用として用いられていますが、生産にコストがかかり、治療用抗体は薬効を得るために量が必要になるという問題があります。この問題を解決するために、低コストで扱え、遺伝子操作や培養が簡便である大腸菌や酵母を抗体生産の宿主として使用した研究が広く行われています。
私の研究は、メタノール資化性酵母Pichia pastorisを用いて活性型抗体を効率的に回収することを目的としています。抗体遺伝子を導入した分泌発現用ベクターを組み込んだ酵母の中から、活性型抗体を培養上清中に最も多く分泌発現させる酵母を選び出します。そして、ジャーファーメンターと呼ばれる微生物を高密度培養する装置を用いて溶存酸素やpHなどをモニタリングしながら酵母の培養に最適な環境を整えることで、抗体の大量生産を試みています。

ページの先頭へ