×

長浜市民と交流する自主活動

長浜を盛り上げるイベントに多数参加しています!

市民や子どもたちと科学に触れる
長浜バイオ大学サイエンスカフェ

科学をテーマに活動するクラブ・サークルなどの学生団体が共同で開催する“サイエンスカフェ”。市民の方に科学の面白さを体験してもらおうと、町家キャンパスを会場に2016年度から年3回開催しています。「身近な色を発見しよう!」をテーマに“クロマトグラフィー”や“分光器”、“スライムづくり”などの体験プログラムや、大学周辺の生きものの展示と発表などを実施。子どもたちにも大好評です。

長浜曳山まつり

地域との交流を深める
町家プロジェクト

学生たちが中心市街地に出かけ、市民と交流する仕組みづくりとして2012年に誕生した町家キャンパス。「町家プロジェクト」は町家キャンパスを拠点として、学生が企画を立て、地域との交流イベントなどを開催する自主活動団体です。町家キャンパスで季節のイベントを行うほか、地域のイベントや小学校に招かれ、子ども向けの科学実験も。様々な取り組みを通して地域との交流を深めています。

長浜人の地の酒プロジェクト

酒づくりを米づくりから体験
地の酒プロジェクト

観光施設を運営する黒壁AMISUさん、米農家・百匠屋さん、蔵元の冨田酒造さんととともに「長浜人の地の酒プロジェクト」を構成、長浜の風土に根差した地酒づくりに取り組む有志の学生の自主活動で、2018年で5年目を迎えます。学生たちは米づくりの体験から酒づくりの見学まで酒づくりの一連の工程を体験。田植えや稲刈りは市民の方にも参加を呼びかけ、交流の機会となっています。

長浜バイオ大学サイエンスカフェ

学生団体が企画・運営するイベント
地域の人たちとのふれあいと連携

CELL部や吹奏楽部、農業サークルWALK、ハンドメイドサークル、ダブルダッチサークル、グラフィック研究会など多くのサークルが地域の行事に参加しています。また、町家プロジェクトや、ブロッコリー狩りとサボテン寄せ植えイベントを行う琵琶湖研究部などは、地域とのコラボで市民を対象にしたイベントを企画・運営しています。

地域の人たちとのふれあいと連携
ページの先頭へ