学生生活の安心をサポート

生活支援 一人ひとりの学生生活の安心をサポート

本学独自の奨学金制度や、福利厚生施設による食と住のバックアップで、安心して学生生活を送れるようにサポートしています。

 

健康で心豊かな学生生活をサポート

毎年4月、学校保健安全法に基づいて、定期健康診断を実施しています。学内で体調を崩した時には、医務室で一時的に休憩するとともに、職員が付き添い市内の提携病院に連れて行くようになっています。

定期健康診断

こころなど幅広い悩みに応えるサポート

臨床心理士の資格を持つベテランのカウンセラーが、精神的な悩みだけでなく、対人関係、学習や就職まで、幅広い悩みの相談に応じています。相談申込は、学内用ホームページから予約できるだけでなく、迷ったときは直接相談室を訪れて面談することも可能です。

学生相談室

学生寮と物件紹介で住まいをサポート

キャンパス内に、留学生が優先ですが、日本人学生も2年間を限度に入居できる国際交流ハウスがあります。鉄筋3階建てのオートロックで、管理人が常駐しています。机やベッドなどの家具付で、家賃と共益費は1か月35,500円です。
その他、長浜市内の学生マンションやアパートを、学内にある大学提携会社バイオ・コーポで斡旋、長浜まちづくり会社が町家をリノベーションしたシェアハウスへの入居も紹介しています。

国際交流ハウス

一人暮らしの物件を紹介

交通アクセスが良いので、京阪神や名古屋圏からは電車通学の学生が大半です。長浜市内の下宿は、ワンルームマンションを中心に京阪神地域より2割ほど安い家賃となっています。本学の開学を契機にして、大学から自転車で通える範囲で、買い物にも便利な場所に、学生専用のワンルームマンションの開発が進みました。そのため比較的新しい物件が多いのも特徴です。

一人暮らしの物件

アルバイトを紹介

学生担当で、学業に支障のないようなアルバイトを紹介しています。湖北地域には4年制大学がほかにないことから、塾の講師や家庭教師といった大学生の定番アルバイトの求人が多いのが特徴です。飲食店やスーパーと並んで、ホテルや土産品店などのアルバイト先が多いのも県下一の観光地長浜らしく、おしゃれな黒壁スクエアの店頭アルバイトは、本学の学生に人気のアルバイト先となっています。なかには巫女さんなんていう変わり種も。

アルバイト掲示板

留学生の就学と国際交流をサポート

留学生相談室では専任スタッフによる面接・相談活動を通じて、日本語学習の支援をはじめとした留学生へのきめ細かな就学サポートを行っています。日本人学生がチューターとなり、論文や講義と実験のレポート作成を指導・援助する制度も効果を上げています。
年間を通じた国際交流プログラムで、留学生と地域社会との交流支援や、留学生と日本人学生との交流を図っています。

留学生相談室

ページの先頭へ