×

学習・就業力支援

大学での学びと就業力の育成をサポート

基礎的な力をしっかりつけて大学での学びに臨めるよう、入学前から1、2 年次生の一般教育科目の学習と実験・実習をサポート。また、社会で働いていくために必要な力を身につけるための支援も行っています。

学習・就業力支援センター

● 英語・数学・物理・化学・生物など科目専任のスタッフ
● 就業力支援スタッフ

開室時間ならいつでも利用できる学習・就業力支援センターには、学習支援スタッフと就業力支援スタッフが常駐しています。
学習支援では、英語・数学・化学・生物・物理など科目専任の教員や、先輩学生によるSA(スチューデント・アシスタント)が質問や相談に応じます。
就業力支援では、社会で働いていくために必要な力を身につけるためのサポートと、就業力の育成を行っています。

学習・就業力支援センター

大学での基礎となる学びをサポート

基礎的な力をしっかりつけて大学での学びに臨めるよう、1、2年次生の一般教育科目の学習と実験・実習をサポートします。

基礎教科を個別指導

基礎教科を個別指導

1、2年次には、大学で学ぶ専門教育科目をしっかりと理解できるよう、基礎科目を学びます。高校で履修していない科目がある場合や大学での学習をどのようにしたらよいかわからないときなど、学習支援センターがサポートします。
スタッフは、英語、数学基礎、化学基礎などの一般教育科目の講義も担当しています。それぞれの講義のなかで理解できなかった点があったり、疑問点が残ったりした場合は、講義終了後に学習支援センターを訪れるとその日のうちにしっかりと復習できます。
講義の復習以外にも、TOEIC、化学や生物の課題、実験の予習やレポートなどについての質問や相談も可能です。

基礎力アップ講座・学び方講座

基礎力アップ講座・学び方講座

バイオサイエンスは、様々な分野が関わる学際的な学問領域で、それぞれの分野の考え方が大切です。特に化学はバイオサイエンスの知識としてだけでなく、実験の根本に関わってきます。化学の考え方や概念などの筋道が少しでも理解できれば、バイオサイエンスはもっと面白くなります。
いま学んでいることを、より楽しくするために、毎年基礎力アップ講座を開催しています。学習支援センターでは、学生が自分の「学び方」を考えるため、学び方講座を行っています。この講座では、ゲームやクイズなどの体験型ワークショップを通じて、大学で必要とされる学び方を楽しく学びます。受講者は、自分の学び方の幅を広げ、大学の学習に役立てています。

基礎力アップ講座のテーマ

  • 単位系と計算の基礎(計算する前に大事なこと)
  • 有効数字をマスター(有効数字は超簡単)
  • 濃度計算(モル、%、希釈)
  • 化学平衡(化学平衡と平衡定数の計算)

学び方講座のテーマ

  • 学び方にはいろいろある
  • ゲームで学ぶ自分の特徴
  • 脳のはたらき、性能を体験
  • 質問力を高めよう
  • マインドマップを使ってみよう
  • 記憶術の基礎

学生自習室の設置

併設されている自習室には、学生が自由に使えるホワイトボードや分子模型、パソコンや参考書などが常備されています。講義後すぐに来室して1人で復習したり、試験前に友人同士で来室して、ホワイトボードを使った学び合いをしたりしています。事前に予約をする必要がないため、自由度がとても高く、学ぼうという気持ちがあれば、いくらでも学べる場所になっています。

学生自習室の設置

学習支援センター主催の講座・イベント

基礎力測定テスト

1年次生から3年次生を対象に基礎力測定(PROG)テストを行っています。卒業後に社会で求められる力を客観的に測定するアセスメントテストで、リテラシー(知識を活用して課題解決する力)とコンピテンシー(どんな仕事にも必要な行動力)の2つから構成されています。測定結果は学生にフィードバックされるとともに、学生の強みや課題を把握し、変化や成長を追跡することで教育改善にも役立てています。

基礎力測定テスト

ラーニングカフェ

1年次生を対象に教員によるミニ講演や先輩学生を交えた学びについてのワークショップを、食堂や学生ラウンジなどの開放的な空間で、開催しています。
友人とお茶を飲みながら、大学生活の質問や相談にも先輩学生や教員が気軽に対応します。

ラーニングカフェ

数学履修ガイダンス

大学の数学ってどんな感じなのか、どの講義から履修したらいいのかなど、数理系基礎科目について教科専任教員がわかりやすく説明を行っています。ガイダンスの後には、個別質問や相談にもきめ細かく応じます。

読書イベント

小説からライトノベルまでジャンルを問わず読み終えた感想を投稿フォームにレビューしてもらいます。投稿された作品は学生食堂で学生に紹介し、とくに反響の大きかった作品は学習支援センターや図書室で購入します。本が大好きな学生だけでなく、日頃は本に触れる機会が少ない学生からも多くのレビューが届いています。

読書イベント

インターネットを利用したラーニングシステム

大学での学びをもっと豊かにするために、e-ラーニングシステムを導入しています。レポート課題や講義資料の掲載・閲覧、小テスト、教員からのお知らせなど、教員と学生とのコミュニケーションをオンラインで行うことができます。また、学生一人ひとりの学習過程の成果物を蓄積していく「ポートフォリオ」の機能も備えており、学生に対するきめ細かな指導・評価や、自分自身を振り返り、学習の計画を立てるPDCAサイクルに活用することができます。
e-ラーニングシステム
ページの先頭へ