×

教員の紹介(今村 綾)

バイオサイエンス学科

今村 綾(いまむら・あや)
Aya Imamura

専門分野/分子生物学、植物生理学

職位:講師
学位:博士(農学)(名古屋大学)

  • 名古屋大学大学院生命農学研究科博士課程修了
  • 日本学術振興会特別研究員を経て本学へ

研究室紹介

研究テーマ
I. 植物ホルモン "サイトカイニン" の機能制御機構の解析

 植物がもつ6種類の植物ホルモンの中でサイトカイニンとオーキシンは植物成長過程の広範囲にわたり生理活性調節を担う植物必須のホルモンであることは明らかである。このうち、サイトカイニンの情報伝達は"His-Aspリン酸リレー情報伝達機構"によって行われておりヒスチジンキナーゼAHK2, AHK3, AHK4群がサイトカイニンの受容体として機能し、その情報は下流のHPt因子群、レスポンスレギュレーター(RR)群へと伝達され、同一分子の転写活性により標的遺伝子群が発現するというしくみである。わたしは主にサイトカイニンによって調節される植物の成長制御や環境変化への応答のしくみをこの情報伝達の構成因子の機能解析から明らかにしたいと考えている。

(1) イネ"His-Aspリン酸リレー情報伝達機構"の情報ネットワーク解明

モデル植物シロイヌナズナで進められてきた研究成果を基に、穀物植物"イネ"の"His-Aspリン酸リレー"シグナル伝達ネットワークの解明を目指しています。リン酸基のリレーによるシグナル伝達方法を使い、イネ独特なネットワークを構築していそうです。環境変化への的確な応答方法を明らかにして、そのシステムを改良し応用したいと考えています。

(2)サイトカイニンによる生理現象の分子メカニズムを同定

植物の生理活性物質、植物ホルモンによって分化・生長が制御されている。注目するサイトカイニンが生理活性を示す現象はいろいろ見つかっている。ここでは植物病原菌、塩ストレスに対するサイトカイニン応答分子メカニズムを具体的に同定したいと考えている。

II.植物の翻訳後修飾の実態および分子メカニズムの解明とその生理現象の解明

リン酸化をはじめ、糖鎖修飾、アセチル化修飾など多細胞生物が獲得したタンパク質の修飾による機能付加は近年注目されている。先行する動物の解析結果と比較して、植物の糖鎖修飾や細胞骨格のアセチル化修飾は共通性、多様性があり非常に興味深い。翻訳後修飾の標的およびそのメカニズムを解明し、植物の代謝産物の利用や植物の成長制御コントロールに活かしたい。

研究の応用領域 産官学連携で求めるパートナー
植物品種改良
植物育種の技術開発
植物の分子遺伝学、生理学、生化学分野の基礎研究者
植物育種の技術開発に携わる従事者・団体・企業
Topics of research

main theme:
"WHAT kinds of environmental stresses do plants recognize?"and "HOW to recognize them as a phytohormone, especially CYTOKININ, signal?" and "HOW to ADAPT to those signals to SURVIVE!!"are my theme.

focus:
Cytokinin signaling,"His-Asp phosphorelay signal transduction system" in higher plant

As for phytohormone, cytokinin, AHK2, AHK3, AHK4/CRE1 are identified as its receptors and these show characteristics of authentic histidine kinase in His-Asp signal transduction system in higher plants, Arabidopsis thaliana.
This system have been focused based on the Arabidopsis genome projects, and some general characteristics are showed in detail. This is composed from authentic histidine kinase, authentic histidine-containing phosphotransmitter and authentic response regulator (AHK-AHP-ARR) and have been found to show phosphorelay at conserved amino acids, Histidine and Aspartic acid, as were shown in BACTERIA. In this phosphorelay signaling, the 2 kinds of final phospho-acceptors are the typeA ARR, which serve as a inhibitor of phosphorelaytion and typeB ARR, which serve as transcriptional factors, and phosphorylation of these proteins results in the rapid repression or induction.
To clarify this general framework more specifi cally, to identify some specifi c and directly accepted stresses by plants, and to fi nd specifi c signaling net work of His-Asp phosphorelay system are themes here. This might show the new insight into the plant adaptability to environmental stresses.

(1) Clarifying the characteristics of each RR and its function in signal net work using two model plants A.thaliana and O.sativa
(2) Identifi cation of some specifi c biotic or abiotic stresses which is translated to the cytokinin signaling.

future...Application to cereal plants

主な業績論文等
  1. Umihito Nakagawa, Daisuke Suzuki, Mai Ishikawa, Hideki Sato, Kazuo Kamemura and Aya Imamura Acetylation of a-Tubulin on Lys40 Is a Widespread Post-Translational Modification in Angiosperms Biosci. Biotechnol. Biochem, 77(7), 1602-1605 (2013)
  2. Umihito Nakagawa, Kazuo Kamemura and Aya Imamura Regulated Changes in the Acetylation of a-Tubulin on Lys40 during Growth and Organ Development in Fast Plants, Brassica rapa L. Biosci. Biotechnol. Biochem, 77(11), 2228-2233 (2013)
  3. A. Yokoyama, T. Yamashino, Y. Amano,Y. Tajima, A. Imamura, H.Sakakibara and T. Mizuno., Type-B ARR transcription factors, ARR10 and ARR12, are implicated in cytokinin-mediated regulation of protoxylem differentiation in roots of Arabidopsis thaliana. Plant Cell Physiol., 48(1), 84-96 (2007)
  4. Y. Tajima, A. Imamura, T. Kiba, Y. Amano, T. Yamashino, and T. Mizuno., Comparative studies on the type-B response regulators revealing their distinctive properties in the His-to-Asp phosphorelay signal transduction of Arabidopsis thaliana. Plant Cell Physiol., 45, 28-39 (2004)
  5. A. Imamura, T. Kiba, Y. Tajima, T. Yamashino and T. Mizuno., In Vivo and In Vitro Characterization of the ARR11 Response Regulator Implicated in the His-to-Asp Phosphorelay Signal Transduction in Arabidopsis thaliana. Plant Cell Physiol. 44(2):122-131(2003)
ページの先頭へ