×

基礎力測定テスト「PROG」の教員向け報告会を実施

毎年1年次生から3年次生を対象に実施している「基礎力測定テストPROG」の教職員向け報告会を、3月13日に行ないました。開発元の株式会社リアセックの奥田寛司さんを講師に招き、2017年度の集計分析結果を報告いただきました。

PROGは、卒業後に「社会で求められる力」を客観的に測定するアセスメントテストで、リテラシー(知識を活用して課題解決する力)とコンピテンシー(どんな仕事にも必要な行動力)の2つから構成されています。講師からは、全国の学生と比較した本学の学生の強みや課題、2年次生・3年次生の変化と成長ぶりなど、詳細な報告が行われました。特に3年次生でコンピテンシーが大きく伸長した学生にはインタビュー調査も行なわれ、「実験結果の発表後の質疑応答で、人を説得する力が鍛えられた経験」や「レポートや課題を早い段階から計画的にこなすことを習慣化した経験」等が成長に影響しており、本学の学修成果が具体的に可視化されました。

報告会に参加した教員からは学生の更なる成長に向けて熱心に質問があり、講師から授業改善や学生の個別支援の方法について具体的に紹介があり、参加者は教育改善策について理解を深めました。

ページの先頭へ