×

第162回バイオセミナーのご案内

第162回バイオセミナーは、長浜バイオ大学特別招聘教授で近畿大学特任教授の重岡 成先生にご講演いただきます。重岡先生は、私立大学等改革総合支援事業タイプ5に採択となった「彦根・長浜地域における学術文化教育基盤形成を目的とした大学・短期大学・地域連携プラットフォーム」におけるコーディネーターとして着任されています。

先生方、大学院生の皆さんをはじめ、学部学生の皆さんも、ご専門の研究分野を問わず多数ご参加ください。

日 時 2019年5月7日(火)15時30分~16時50分
会 場 命北館4F 中講義室5
演 者 重岡 成先生(長浜バイオ大学特別招聘教授、近畿大学特任教授)
演 題 「産官学連携強化のためのKINDAI 農学部のミッション―探って尖るピュアサイエンスから実学研究へ―」
要 旨 総合大学である近畿大学(14学部)における農学部(奈良キャンパス)は、現在6学科(農業生産科学科、水産学科、応用生命化学科、食品栄養学科(管理栄養士養成課程)、環境管理学科、生物機能科学科)で教育・研究を行っています。
農学部では、環境・生命・健康・食糧の人類が抱える問題を解決する学びを基本とし、4つのミッション”探る”、“作る”、“儲ける”、“尖る”を掲げ、研究・教育に取り組んでいます。その中で、産学官連携強化の視点から、数年前に奈良県と包括的連携協定を結び、なら近大農法(ICT農法、ユニバーサル農業)、スポーツアカデミー(幼児向け運動・スポーツプログラム)、フォレストアカデミー(中高大連携森林学習事業など)、奈良県特産品の利活用などのプロジェクトを推進してきましたので紹介します。さらに、近大発ベンチャーの(株)アーマリン近大、(株)ア・ファーマ近大、そして附属農場(湯浅・生石)について紹介します。 そして最後に、作る→儲ける(尖る)の視点から、私がこれまで試みてきた遺伝子組換え植物の作出、バイオ燃料としてのユーグレナワックスエステルの生産、そして(株)植物ハイテック研究所→近大発ベンチャー(株)MeDreamの設立などについても、紹介させていただきます。

ページの先頭へ