×

研究活動

遺伝子工学研究室

セルロースバイオエタノール

バイオエタノールバイオエタノールは燃料として有望で、化石燃料と異なり、二酸化炭素による地球温暖化の心配がなく、再生可能なエネルギー資源でもあります。研究室では、コーヒー抽出後の“ かす” など、捨てられるはずのものを用いたバイオエタノールの製造や、偽造防止の新技術「DNA インク」の開発を行っています。

[卒業研究テーマ例]
  • 未利用植物資源を利用したバイオエタノールの製造
  • 偽造防止のためのDNAインクの研究開発
  • 抗ウイルス物質の食品からのスクリーニング
大島淳先生

大島 淳 教授

  • 博士(農学)(京都大学)
  • 京都大学大学院農学研究科修士課程修了
専門分野 遺伝子工学