×

研究ブランディング事業で長浜農業高校との高大連携講座を実施

長浜バイオ大学は、平成 29 年度私立大学研究ブランディング採択事業「フレキシブル植物工場システムと先端バイオ技術を基盤とした新たなグリーンイノベーション」の一つとして、地域の伝承野菜である「尾上菜」のブランド化をめざして、長浜農業高等学校、滋賀県調理短期大学校、長浜市、一般社団法人バイオビジネス創出研究会との協同でさまざまな取り組みを進めてきました。

昨年度は、長浜農業高校の生徒を対象に、「尾上菜」のブランド化に向けての講義を行いましたが、本年度は、原種に近い尾上菜の作出を目的として、4 月 25 日にフロンティアバイオサイエンス学科助教の古川岳人先生の指導で人工授粉の作業を行いました。

先生の講義と作業の説明を行った後、高校生が実際に人工授粉を行いました。また、尾上菜が持つ自家受粉を防ぐ仕組み(自家不和合性)の学習を行うために、開花した花を使って自家受粉と他家受粉を行い、種ができるかどうかを調べる作業も行いました。

作業を終えた後、長浜市湖北町尾上地区に赴き、実際に尾上菜を栽培している農家を訪問して、栽培の状況や尾上菜を使ったレシピの聞き取り調査を行いました。受講した生徒は、「初めて行う作業です。実際に人工授粉をすることができて、尾上菜の原種に近い種子ができるか楽しみです」といった感想を述べていました。

ページの先頭へ