×

研究活動

教員の紹介(麻生 一枝)

一般教育

麻生 一枝(あそう・かずえ)
Kazue Asoh

専門分野/動物行動生態学
研究キーワード/サンゴ礁魚類繁殖生態、サンゴ礁保護、進化心理学

職位:准教授
学位:理学博士(ハワイ大学)

  • ハワイ大学動物学科博士課程修了
  • オハイオ州立大学Aquatic Ecology Laboratory研究員、お茶の水女子大学人間文化研究所研究員、成蹊大学理工学部講師を経て本学へ
  • 米国魚類は虫類学会最優秀学生口頭発表賞(遺伝・発生・形態部門)受賞;ハワイ大学Albert L. Tester Memorial Symposium最優秀学生賞(口頭発表)受賞
研究テーマ
サンゴ礁魚類の行動生態
 野外調査を中心に、サンゴ礁魚類の生活史や繁殖行動を研究してきた。カリブ海のプエルトリコでは、フェアリーバスレットの繁殖生態を調査し、口内保育をすると報告されていた本種が、実際には海底の小さな岩穴に産卵床をつくり、口内保育はしないことを明らかにした。また、雌から雄への性転換が示唆されていた本種が性転換しないことを、組織学調査、水槽実験、野外観察により示した。ベラ科魚類の雄の放精量を調べる研究にも参加し、雄は雌の体長に合わせて放精量を調節することを明らかにした。
 ハワイでは、スズメダイ科ミスジリュウキュウスズメダイ属のハワイ固有種について、生殖巣の発達過程と繁殖生態の両面から、雌性先熟性転換の有無とその理由について研究した。本種は機能的には性転換をしないこと、一定の周期で群れ全体がほぼ同日に産卵することなどを明らかにした。ミスジリュウキュウスズメダイ属他種における性転換の有無も調べ、スミソニアン研究所分子系統学グループと共同で、ミスジリュウキュウスズメダイ属における雌性先熟性転換の進化経緯に関する仮説を発表した。

サンゴ礁保護
 サンゴ礁が地球規模で減少しつつある今日、培ってきた知識や経験をサンゴ礁保護に役立てる必要性を感じている。感傷に根差した環境保護ではなく、定量的なデータにもとづいた環境保護の推進に貢献したいと考えている。この分野の研究としては、切れた釣り糸がサンゴに及ぼす影響を調べたハワイでの調査、スキンダイバーがサンゴに与える影響を調べた沖縄県石垣島での調査がある。


進化心理学(進化からみたヒトの行動)

 『科学でわかる男と女の心と脳』とその続編『科学でわかる男と女になるしくみ』の執筆をきっかけに、進化心理学分野への興味が増している。進化論的視点からみたヒトの行動解析研究は欧米のものが多く、日本のデータは少ない。機会があれば、データをとってみたいと考えている。


研究の応用領域 産官学連携で求めるパートナー
環境保護関連定量的データ採取・解析;男女共同参画への助言・提言;性医学、特に性関連精神医学への進化論的視点の導入 環境保護関連機関;男女共同参画関連機関:性関連精神医学団体
Topics of research

My research interests can be roughly divided into three areas: behavioral ecology of coral-reef fishes, coral-reef conservation, and human behavioral ecology..

1. Behavioral Ecology of Coral-reef Fishes
My primary research interest lies in reproductive ecology of coral-reef fishes. I am interested in virtually all aspects of coral-reef fish reproduction because any single aspect of a system cannot be understood fully in isolation from other aspects. My goals are to test predictions from existing theories in my study organisms, and, when necessary, to propose modification of the theories and test their predictions. I also recognize the importance of preliminary research on basic biology and ecology of a study organism. My past works concerned sex allocation theory and evolution of sex change in fishes.

2. Coral-reef Conservation
In recent years, I have become increasingly aware of the importance of applying my scientific expertise to coral-reef conservation because the number of coral-reef field biologists is very low and quantitative field data are lacking. My past works concerned quantification of direct human impacts on coral health: the effects of discarded fishing lines on corals in Hawaii and the effects of snorkeling tourism on corals in Ishigaki Island, Japan.

3. Human Behavioral Ecology or Evolutionary Psychology
Since I reviewed literatures on human mating strategies (publication No.1 below), I have become more interested in evolution of human behavior than before. Data on mating strategies of Japanese people are scarce, and I am hoping to do some research on these subjects.

主な業績論文等
  1. 麻生一枝 インターセックスと性自認 『青少年問題』 第652号, Pp.26-33 2013年
  2. 麻生一枝『科学でわかる男と女になるしくみ』サイエンス・アイ新書 ソフトバンク・クリエイティブ 2011年
  3. 麻生一枝『科学でわかる男と女の心と脳』サイエンス・アイ新書 ソフトバンク・クリエイティブ 2010年
  4. Asoh, K. Recovery of Porites cylindrica from 2007-summer tissue loss at Shiraho, Ishigaki Island, Japan. Galaxea 11, 1-6 (2009)
  5. 麻生一枝・南條郁子 『実データで学ぶ・使うための統計入門』日本評論社 2008年