×

研究活動

分子腫瘍医学研究室

上皮間葉転換(EMT) 細胞運命制御核酸医薬

上皮間葉転換(Epithelial-Mesenchymal Transition;EMT)は、がんの転移浸潤・薬剤耐性の主要因と考えられる。EMT を制御することでがんの根治をめざしている。がんと微小環境のリプログラミングを通じて難治性がんの根治療法への応用をめざします。

[卒業研究テーマ例]
  • 種々の細胞分化における上皮間葉転換の関与の解析
  • 間葉上皮転換による合成致死効果の探索
  • 免疫抑制性微小環境のリプログラミング
  • 細胞運命制御因子を標的にした間葉系腫瘍の治療の探索
吉川清次先生

吉川 清次 教授

  • 医学博士(京都大学)
  • 京都大学大学院医学研究科博士課程外科系専攻修了
専門分野 腫瘍医学、分子生物学