×

インフォメーション

2020年度後期の長浜バイオ大学における講義・実験実習について

2020年度後期の長浜バイオ大学における講義・実験実習について

2020年8月28日

長浜バイオ大学

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年度前期は一部講義を除きほとんどの講義・実習をWEBでの動画配信で行いましたが、前期定期試験につきましては、感染予防対策を徹底することで、大学での対面形式で行うことができました。一方、新型コロナウイルス感染症は依然終息しておらず、大学などにおいて対面形式で講義や実習を行う場合は、収容定員の50%、学生の前後左右に距離を設けるなどの条件を遵守することが文部科学省から求められています。そこで、2020年の後期におきましては、本学での講義、実験実習について以下のような対応をとることにいたしました。皆様には引き続きご迷惑をおかけ致しますが、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

1. 措置の期間について
・2020年9月28日(月)~後期終了時まで

2. バイオサイエンス学部の講義について
・受講人数が100名までの講義は対面形式で、100名以上の講義はWEB動画配信を基本とする。
・受講人数が100名までの講義であっても、教室確保が難しい場合はWEB動画配信とする。
・非常勤講師が担当する科目(英語科目・言語表現は除く)は、基本的にWEB動画配信とする。

3. バイオサイエンス学部の実験実習について
・1年次生配当の「自然科学基礎実験II(Ⅲ)」は水曜日の午後に開講する。実施にあたっては2つの実験室を利用することで感染拡大防止に努める。また、前期に実験を行えなかったことから、9月24日、25日の2日間をプレ実験日として設定する。
・2年次生、3年次生の実験は木曜日と金曜日の午後に開講する。実施にあたっては、学生を2グループに分け、実験室での実習を半分にし、残りはWEB動画配信で行う。
・2年次生、3年次生の実験時間を確保するため、木曜日、金曜日午前中に開講する2、3年次生配当講義はWEB動画配信とする。
・4年次生の卒業研究については、各研究室などで実施する。ただし、体温の測定、マスクの着用、衛生対策、密接、密閉、密集の回避などが指導教員やその他の教員によって管理・監督されることを条件とする。

*講義・実験の動画教材などは、原則としてその講義・実験が予定されている週の月曜日の朝にアップする。

4. 大学院バイオサイエンス研究科の講義について
・後期配当科目「分子バイオサイエンス特別演習」「統合バイオサイエンス特別演習」「分子バイオ科学特論」「研究倫理」は、対面講義で実施する。
・修士・博士論文研究については、各研究室や対応する施設で実施する。ただし、体温の測定、マスクの着用、衛生対策、密接、密閉、密集の回避などが指導教員やその他の教員によって管理・監督されることを条件とする。

5. 後期定期試験の取り扱い
・筆記形式で行われる後期の試験については、本学において感染防止対策を徹底したうえで実施する。

新型コロナウイルス感染症の状況によっては後期の開講方針を変更する場合もあることをご承知おきください。

以上