×

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起【学生・教職員】

2020年2月3日

学生・教職員の皆さんへ

学 長 蔡  晃植

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起

新型コロナウイルス感染症が指定感染症として政令施行されたのに伴って、中華人民共和国(以下、「中国」という)の武漢市を含む湖北省全域はレベル3の「渡航中止勧告」に、湖北省以外の地域もレベル2の「不要不急の渡航自粛」に引き上げられました。本学としても新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、学生・教職員の皆さんには以下のとおりご対応をお願いいたします。

(1)中国および感染地域への不要不急の渡航は控えてください。

(2)中国および感染地域への渡航を予定する者には以下を義務付けます。

①渡航前に本学学生担当へ「海外渡航届」を提出すること。
②渡航中は、渡航先の滞在地・滞在期間・感染の可能性ある人(症状ある人を含む)との接触履歴などを「行動日誌」として記録すること。

(3)中国および感染地域へ渡航して日本へ帰国した者には以下を義務付けます。

①本学学生担当に帰国した旨を報告するとともに上記「行動日誌」を提出すること。
②帰国後14日間は毎日体温を記録(朝夕2回以上)して、手洗い、咳エチケット(マスクの着用)を徹底すること。

(4)中国および感染地域へ渡航して日本へ帰国したのち、咳・発熱、下痢、筋肉痛等の症状がある場合にはマスクを着用し、最寄りの医療機関または保健所へ連絡し、その指示に従ってください。また本学学生担当へ必ず連絡してください。

(5)中国および感染地域へ渡航して日本へ帰国したのち、体調に問題ない場合においても、本学へ申請届けを提出することで、14日間の自宅待機(療養)を可能とします。自宅待機期間中は毎日朝夕2回以上体温を測定し、手洗い、咳エチケット(マスクの着用)を徹底してください。なお自宅待機期間中に講義などがある場合は、不利にならないように配慮します。

(6)中国および感染地域への渡航履歴のない場合でも、咳・発熱、下痢、筋肉痛等の症状がある場合にはマスクを着用し、最寄りの医療機関または保健所へ連絡し、その指示に従ってください。また本学学生担当へ必ず連絡してください。

(7)新型コロナウイルスの感染拡大予防には、インフルエンザ対策と同様に、人混みでの行動を極力避けること、また手洗い(接触感染の予防)、咳エチケットのためマスクの着用(飛沫感染の予防)が有効とされていますので、これらの対策を徹底してください。

以 上

ページの先頭へ