×

数字で見る長浜バイオ大学の実力

研究力

最先端のバイオサイエンス研究を通して調べる楽しさを実感

研究論文の発表に見る本学教員の高い研究力と、それを支える研究環境と研究予算を示すデータです。

出典:「大学ランキング2020」(朝日新聞出版)

教員の研究レベルのバロメーターともなる、文部科学省による科学研究費補助金の獲得額です。

出典:「大学ランキング2020」(朝日新聞出版)

世界で最も権威ある学術雑誌『ネイチャー』に掲載(2009~18)された本学教員の論文数です。教員一人当たりでは、全国トップクラスです。

開学から15年で、教員の研究成果46件の特許を申請し、その中で登録された数です。

高度なバイオサイエンス研究を担っている、専任教員の中での博士号取得者の割合です。関西の私立大学理学部では第5位、全国の理学部の中でも第28位(出典:「大学ランキング2020」)です。

細胞生理から発生と再生、免疫、創薬と医療、タンパク質、ゲノム、環境など、分野を網羅する研究室の数で、少人数制を示す入学定員比の研究室平均学生数です。

共通器材室には、学部学生も使用できる研究機器が設置されています。他大学とは違い大学全体の別予算で、必要な試薬の経費のみならず減価償却費も含めた研究室への請求額です。

教育力

質の高い知識を主体的に学ぶことで「できる自分」の再発見

少人数ならではの学習指導とマンツーマンの学習支援で力を引き出す、大学での教育への満足度を示すデータです。

他大学には例を見ない長い実験実習時間で、企業の第一線で通用する手技をマスターできることを裏付ける数字です。アニマルバイオサイエンス学科も850時間の実験・実習を行います。

学生一人ひとりの力を伸ばす指導が可能なことを示すデータで、非常勤講師も含めた一人当たりの学生数は9.01人です。

2018年度は22人が臨床検査技師国家試験を受験しました。合格者はこの春から、15人が医療機関で、2人が検査機関で臨床検査技師として活躍しています。

公益社団法人日本動物実験協会が認定する資格で、本学は全国に12校しかない特例認定校の1つなので、在学中に資格取得が可能です。

フロンティアバイオサイエンス学科臨床検査学コースの臨地実習病院の数で、滋賀、京都、大阪、奈良、岐阜、愛知の6府県19病院に、実習受け入れを引き受けていただいています。

2018年度の学習支援センター利用者一人当たりの来室回数で、わからないことがあれば気軽に相談できる場所であることを示しています。専任スタッフが対応した科目内容への質問や履修・学習相談の件数は、1,308件を数えます。

先輩学生が数学、物理、化学、生物、実験系科目の質問を受け付け、学習相談にも応じる学習アドバイザーの人数です。

就活サポート

学生一人ひとりの個別面談を基本に、就職・キャリア担当スタッフ、キャリアカウンセラー、教員が連携しての支援を示すデータです。

2019年3月学部卒業生の就職内定率で、前年度も98.4%と、毎年高い就職内定率を誇っています。過年度生を含む前年度就職率98.03%は、全国の理学部系学部の中で1 2 位(出典:「大学ランキング2020」)となります。

2019年3月大学院博士課程前期課程修了者の就職内定率です。医薬品関連、環境・臨床検査・受託研究、化学、食品、IT関連、農業などの分野で、75%が研究職、技術職、IT・プログラマーとして活躍しています。

2019年3月学部卒業生の就職内定先企業への満足度です。就職率の高さだけではなく、内定先の企業に満足しているかどうかは重要な指標となります。

就職活動を行っている学生が、就職・キャリア相談センターで、就職・キャリア担当スタッフやキャリアカウンセラーに相談した回数の平均です。

就職ガイダンスから筆記試験対策、ビジネスマナーなど、企業研究に必要な知識や情報から、実践的なトレーニングまで行う就活支援講座の開講数です。

卒業生の採用実績企業を中心に、学内での企業説明会に参加した求人企業の数です。この説明会を契機に、毎年多くの学生が内定を獲得しています。

就職活動の開始を前に毎年学内で開催する、合同業界研究会にブースを出展した企業の数です。

就職活動に関する情報を発信する本学のWebサイト、「就職キャリアサポートサイト」に登録された求人社の数です。

食品・医薬・環境・化学・IT分野の企業を中心に、過去5年間に学部卒業生が就職した企業の数です。

学生生活支援

一人ひとりの学生が充実した学生生活を送れるように、学内独自奨学金からクラブ・サークルなどの課外活動までをサポートするデータです。

新入生8~9人に1人の先輩学生が、講義や実習への取り組み方、学生生活全般を1年間サポートする学生チューターの数です。

2018年度に学内の独自奨学金を受給した、学部生と大学院生を合わせた人数の比率で、小規模大学ならではの手厚いサポートです。

公認団体と任意団体を合わせた学内のクラブ・サークルの数です。その他に自主活動団体もあり、「兼部」する学生も多く、課外活動は活発に行われています。

2018年度学部生の課外活動団体(クラブ・サークル)への加入率で、充実した学生生活の一端を示す数字です。

塾講師や飲食店など、学内で紹介したアルバイトの件数で、変わったところでは北びわ湖花火大会の設営や留学生への翻訳依頼、放課後児童クラブの支援員などがあります。

Others

一人ひとりの学生が充実した学生生活を送れるように、学内独自奨学金からクラブ・サークルなどの課外活動までをサポートするデータです。

出典:「大学ランキング2020」(朝日新聞出版)

本学の初年度納付金は162万円で、私立大学理学部系学部の安さのランキングで10位、近畿2府4県では2位となっています。

出典:「大学ランキング2020」(朝日新聞出版)

学部学生数に占める女子学生の比率で、近畿2府4県の理学部系学部では第3位、全国でも第15位となっています。

『Nature』や『Science』など、オンラインで契約している海外の科学誌の数です。学内のどこからでも閲覧できるとともに、図書室には約3万8千冊の図書資料と学術雑誌、新聞、視聴覚資料を所蔵しています。

新快速電車が停車するJRびわ湖線田村駅からの徒歩での所要時間で、この利便性が京阪神や東海地方からの通学を可能にしています。

自家用車で通学している学生数で、2018年度は学部生48人、大学院生が12人となっています。構内に広い駐車場があるので、事務室に届け出れば自家用車通学が可能ですが、年1回開催する交通安全講習会に参加していただきます。

日本私立大学振興・共済事業団の「私立学校校舎等実態報告」の基準に基づいて算出した、校舎の耐震化率です。

ページの先頭へ