×

博士課程前期課程

バイオサイエンス専攻

分子バイオ科学技術領域(博士課程前期課程)

高次の生命現象を分子レベルで解析することを通して、その基本原理や複雑な機能を根本的に理解し、これらをバイオ技術として生かすための教育・研究を行います。

生物の成り立ちを分子レベルで理解するためには、核酸やタンパク質などの生体分子に始まり、その複
合体やネットワーク、さらには小器官から細胞、個体にまで連なる現象の一つ―つを、分子生物学、生化学、有機化学、バイオインフォマティクスなどのバイオ
サイエンスの方法を駆使して解析する必要があります。また、分子レベルでの個別的な解析技術に加えて、網羅的な解析技術を融合させた俯瞰的な解析が求めら
れています。そこで、分子バイオ科学技術領域では、ゲノムの大量情報を処理・解析する技術、さらにはタンパク質の機能予測とその医療・創薬への応用技術、
プロテオームやメタボロームなどの網羅的解析技術、遺伝子工学、タンパク質工学やケミカルバイオロジーなどの技術を学びます。

このような教育・研究を通して、生命現象に関する多くの命題に対して分子レベルでの研究に貢献でき、人類の福祉や地球環境の改善にとって役に立つ応用技術を開発できる人材の育成を目指します。

私の研究
西 秀麗さん(博士課程前期課程2 年)

タンパク質の新規配列方法の確立を目指す研究を行っております。タンパク質のアミノ酸配列をDNAやRNA配列のようにオンチップで解読を可能にするこの方法が確立されれば、プロテオミクスの網羅的解析が迅速化かつ簡便に行えるようになります。私の研究室では整列エピトープマッピング法と名付けたこの配列決定法を実現するためにはアミノ酸の任意の3連続配列(トリペプチド)に対する特異的な抗体を網羅的に(理論的には203=8000種類)取得することが必要です。

私の研究課題は、この目的のためにライブラリーを構築し、そこからトリペプチドに特異的に結合する抗体を取得することです。現在、マウス抗体分子の抗原結合に関与する遺伝子領域(CDR領域)に任意の変異を加えたライブラリーの構築に成功したところです。このライブラリーの質を検証するために、種々な抗原を標的として、このライブラリーから特異的に結合する抗体を選択しております。

本学大学院ではバイオ領域のプロフェッショナルな先生方が揃っており、自分の研究に対して様々な角度から気軽に助言がもらえます。

バイオサイエンス専攻

統合バイオ科学技術領域(博士課程前期課程)

生物個体や細胞の様々な機能について分子生物学、生化学、解剖学、生理学、あるいは病理学的な観点から統合的に理解し、これらをバイオ技術として生かすための教育・研究を行います。

地球上に存在するすべての生合体やこれを構成する細胞の機能は、多様な化学的、生物学的反応が統合
された結果です。この様な生体および細胞の生命活動を理解するためには、分子生物学、生化学、解剖学、生理学、病理学などのバイオサイエンスの様々な分野
で要求される手法を駆使して解析し、得られた結果を統合的にとらえる必要があります。そこで、統合バイオ科学技術領域では、生命個体や細胞における様々な
生命現象を統合的に理解するために、遺伝子工学や生化学的手法を用いて生命機能をつかさどる生体分子を改変する技術、細胞工学と微細構造解析を用いて高度
に分化した細胞の機能を研究する技術、情報伝達や免疫機構、病態・病理を動植物の個体レベルで研究する技術、また、環境における生物の多様な生命活動を
様々な研究手法で解析する技術等を学びます。

このような教育・研究を通して、様々な生命活動を統合的に理解し、生命活動の機構研究に貢献する人材や人類の医療・福祉に役立つバイオ技術を開発する人材の育成を目指します。

私の研究
大垣 浩亮さん(博士課程前期課程2 年)

生物にはリズムをもった生命現象が数多く知られています。こういった現象のなかでも、一定のリズムで毛が生え換わる現象である毛周期は、古くより特に長い周期を持つ生体時計と言われ、多くの研究者から注目されていますが、解明が進んでいません。

私の研究室では、3回目の毛の生え変わりまでは遺伝子型を反映させた黒色の毛を生やしますが、4回目の毛の生え換わりから周期ごとに茶色の毛と黒の毛を交互に生やす表現型を持つ、突然変異体マウスを飼育しています。このマウスが、どのようにして毛色を交互に変化させるのかを研究することによって、毛周期メカニズムの解明に繋げることが私の研究の目的です。

この現象を解明できれば、周期性を持つ他のさまざまな生体現象の解析だけでなく、それらの混乱から生じる疾病の治療にも将来応用できるものと期待しています。

バイオ分野の様々な領域で研究を行う先生や先輩から異なる視点での助言を頂き、広い範囲の知識を学びながら研究に取り組んでいます。

ページの先頭へ