×

C-3位にある置換基がアルブミンとカテキン類の結合に寄与することを発見

 バイオサイエンス学科の川瀬雅也教授らの研究グループは、アルブミンとカテキン類の結合を蛍光消光分光法およびドッキングシミュレーションにより解析し、C-3位にある置換基が結合に大きく寄与していることを発見しました。
この研究成果(The C-3 position of catechins influence on the binding affinities with serum albumin by interacting with the surface of serum albumin)は、「Molecules」の2017年、22巻に掲載されました。

ページの先頭へ