×

本学発養殖ビワマスの商品名と意匠が決定

アニマルバイオサイエンス学科の食品分子機能学研究室(河内浩行准教授)が、(株)びわ鮎センター(川瀬利弥代表取締役)と共同で開発した餌を使って養殖した、ビワマスの商品名が「ビワトロマス」に決まりました。また、商品名とともに意匠デザインも決定し、養殖と出荷をおこなう(株)びわ鮎センターが特許庁に商標登録の申請を済ませました。来年3月分から「ビワトロマスマス」として市場に出荷し、ブランド化を図る計画となっています。

ビール粕など、廃棄する食材を原材料にした餌で養殖したビワマスは、従来の養殖ビワマスに比べて脂の乗りが良く、天然ビワマスにも劣らない美味しさであることを、市場や養殖業関係者による食味試験で確認されました。また、嗜好性が高く餌への食いつきが良いため成長が早く、出荷までに要する期間を約2ヵ月短縮することに成功しました。このことにより、天然ビワマスに比べて脂の乗りが劣り、魚粉や魚油の高騰でコスト高に悩む養殖ビワマスが抱える問題を解決することができます。

この餌で養殖したビワマスの商品名と意匠デザインを、長浜バイオ大学の学生と教職員を対象に募集したところ、商品名が45件、意匠デザインには25件の応募がありました。その中から、和田修一准教授(アニマルバイオサイエンス学科)の商品名と、小竹真由さん(アニマルバイオサイエンス学科4年次生)の意匠デザインの採用が決まり、10月6日に表彰式を行い、養殖ビワマス1匹とクオカード1万円分がそれぞれに贈られました。

ページの先頭へ