×

妖精症の疾患メカニズムをインスリン受容体超分子構造モデルで解明

本学の土方敦司特任講師らによる研究成果が、「Pediatric Diabetes」(2018年、Vol. 86, No.6)に掲載されました。

論文タイトルは「Molecular mechanisms of insulin resistance in 2 cases of primary insulin receptor defect-associated diseases」で、東京医科歯科大との共同研究により、新生児の成長遅滞や脂肪組織萎縮を引き起こす妖精症についてインスリン受容体に新たに発見された変異を、インスリン受容体超分子構造モデルの構築により解析しました。

この研究は日本医療研究開発機構(AMED)の創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム事業(BINDS)の成果です。

ページの先頭へ