×

トラフグTRPA1は、ゼブラッシュTRPA1bと同じく低温・高温の両方の温度で活性化されることを明らかに

本学の齊藤修教授らによる研究成果が、「NeuroReport」(2018年、Vol29、ページ280–285)掲載されました。

論文テーマは、「Sensitivity of Takifugu TRPA1 to thermal stimulations analyzed in oocytes expression system」で、トラフグTRPA1は、ゼブラフィッシュのTRPA1bと同じで低温・高温の両方の温度で活性化され、更に25℃以上の高温で徐々に活性化されることを明らかにしました。

ページの先頭へ